うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うつ病って不思議

昨日はあまり調子がよくないので実家へは帰りませんでした。
23時に眠って起きたのは4時です。
平日は5時半まで眠れる日もあるんです。
それがどうしたことか、休日になると早く目が覚めてしまいます。
2度寝をしたんですが、30分で起きてしまいました。
最近は2度寝もあまりできなくなっています。
でも自分の部屋にいると気分は違いますね。
午前中の不調もほとんど感じません。
やはり仕事のプレッシャーは大きいんですね。
ただプレッシャーは前の係の方がもっと大きかったのです。
そこは私にとって馴染みのない初めての部署でした。
用語一つとってもわからないことがあり、本当に1年生でした。
でも、うつ病の兆候はなかったので仕事には慣れることができました。
その係は部全体の汚れ仕事を処理することを求められていました。
クレームも多かったですね。
物理的な汚れ仕事もあったので事務職である私にも作業服が支給されていました。
係員同士はよかったのですが、主幹と係長の仲が物凄く悪かったのです。
毎日ずっと言い合いを聞かされるので気が滅入ってきます。
それは他の係員も同様でみんな困っていました。
特に私は二人の間にはさまれてしまい強いストレスをかけられていたのです。
そうした中、懸案事項を解決するために大きなプロジェクトが始まりました。
私の担当する仕事でしたので私が中心になってしまいます。
そのプロジェクトには法律的な知識が必要だったのですね。
係員4人と課長でチームを組んだんですが、私以外は皆法学部出身者です。
課長に至っては大学院の修士課程まで出ています。
にわか勉強ですが法律のことを調べました。
私は元来法律が嫌いで大学時代も民法や商法など法律の単位はとっていません。
よくやれたものだと今では思います。
そのプロジェクトで新しいシステムを構築し事態は改善されました。
私の35年のサラリーマン生活でも最大のストレスだったと思うのですが、うつ病にはなりませんでした。
うつ病って本当に不思議です。
どうして前の係では発症せず今の係で発症したのでしょう。
今でもわかりませんね。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2012/09/01(土) 18:54:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。