うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私にとっての仕事

早期退職によって私の仕事人生は終わってしまった訳ですが、一体私にとって仕事はなんだったのだろうかと考える時があります。
私が読んでいる新聞に週1回「天職ですか」という囲み記事が掲載されます。
記者が働いている人に「その仕事は天職ですか」と尋ねます。
天職だと答える人をあらかじめ選んであるのでしょう。
皆が皆「天職です」と答えます。
やはり技術系、職人系の人が多いですね。
私の亡くなった父親にとっても新聞の仕事は天職だったと思います。
そうでなければ72歳まで働くことはないでしょう。
私の伯父は内科医ですが85歳になってもまだ診療を続けています。
娘婿が医師なので何時辞めてもいいのですがそういう気はないんですね。
これも天職ですね。
うらやましい話です。
私はうつ病になる前は大きなプロジェクトを任され2つほどシステムを作りました。
でもヒラではそうしたことはなんら評価されません。
もう私が中心になってそのシステムを作ったことを覚えている人もいないでしょう。
若くて同僚が皆独身の時は忙しい中でもよく一緒に遊びました。
保育士の女の子たちとはずっとグループ交際をしていました。
また歳をとってからも同年代のおじさんグループで飲みにいったり旅行に行ったりしています。
いずれも楽しい思い出ですが仕事とは別の話ですよね。
35年間の仕事が給料以外に何か私にもたらしたものがあるでしょうか。
答えは否です。
社会人としての常識や礼儀作法、人間関係の作り方は学びました。
世話になった上司や同僚もいます。
でもそうしたことが私のものの考え方や生き方、世界観に影響を与えたかというとゼロなんですね。
大量に読んだ本と音楽からは多大な影響を受けました。
(ちなみに私はいわゆるビジネス書が嫌いなのでその手の本は一切読んでいません。)
本ではドストエフスキーやカフカ、斎藤茂吉といった天才たちの言葉をじかに聴くことができます。
またバッハやモーツァルトは完璧に調和した世界をこの世に出現させました。
こうしたことは出世や金儲けとはまったく無縁ですが、私は出世にも金儲けにも興味が持てないんですね。
これは持って生まれた業(カルマ)なのでどうしようもありません。
結婚しなかったのも業のせいだと思います。
こういうことは例えうつ病になっても変わりません。
もし生まれ変わったらもうサラリーマンにはなりたくないですね。
給料は高くなくてもいいですから何かこつこつと物を作る手仕事に就きたいと思います。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/07/01(月) 17:53:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。