うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

連休なのに

今朝は5時半に起きました。
8時から10時までは2度寝です。
せっかくの連休だというのに、どうも心は晴れませんね。
お正月もそうでした。
どうしてなんでしょうね。
連休の前は楽しみにしているんですが。
一番調子がいいのは普段の金曜日の夕方です。
今日も出かけたのは近所のセブンイレブンだけです。
昼食に麻婆丼を買いました。
やはり中華料理屋にはかないませんが、そこそこ食べられる味でした。
コンビニ業界の競争は激烈ですからね。
どこも商品開発には必死なのでしょう。
右足の甲の痛みはなくなりました。
原因は不明ですが、とりあえず症状はなくなったのでよしとしましょう。
眠る時に枕元にメガネを置いておいたんです。
自分の部屋ならそんなことはないのですが、実家の暗闇には慣れていません。
探している時に上から手で押さえつけてしまいました。
フレームが少し変形しています。
引っ張って直したのですが、どうも顔にしっくりときません。
一度、メガネ屋へ行って調整する必要があるようです。
連休明け、月曜日は精神科、火曜日は歯科の通院日です。
水曜日までは我慢ですね。
夕方、弟が東京から帰ってきました。
姪は連休明けに試験があるので、勉強だそうです。
ようやく危機感に目覚めたようですね。
でも、中学1、2年生と全然勉強していませんからね。
頑張ってほしいですが、状況は厳しそうです。
弟の商売の方も厳しそうです。
今時、景気のいい商売も少ないと思いますが。
新製品を次から次へと発売してしのいでいるそうです。
母親が我々に封筒から紙を出して見せました。
尊厳死宣誓書です。
植物人間になったら治療はやめてほしいということです。
近所の人も同じようなことを書いてお互い見せあって確認しているそうです。
確かに私自身も植物人間になって生きていたいとは思いません。
母親の意志は尊重しようと思います。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2012/05/04(金) 20:04:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<うつを防ぐ食事 | ホーム | メガネの修理>>

コメント

せっかくの休日を楽しめないのは、つまらないですよね。
でも金曜日の夜が調子いいって、分かる気がしますね。
実際にお休みになってからより、お休みの前が楽しいんですよね。

植物状態…脳死って事ですか?
私もそうなったらと、臓器提供意思カードを持ってます。
だけど、本人がそう考えていても、いざとなったら家族が辛いでしょうね。
心臓は動いているし、温かいんですから。
  1. 2012/05/05(土) 05:08:00 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集 ]

心に張りが無いからでしょうか

私も普段から何をしてても楽しくないんですよね。
何となくぼんやりと不安と重りをつけられたような頭がスッキリしません。
今は特に酷いですが、よくなっても晴れることはないでしょうね。
休みの間より休みの前日が楽しい気持ちはよくわかります。

尊厳死ですか。私も植物状態で生き続けたいとは思いませんね。
ただ自分がいつ死ぬのか、いつそうなるのかいつも漠然とした不安に包まれています。
抑うつ状態なんでしょうね。
  1. 2012/05/05(土) 08:29:43 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

non様

そうなんです。なぜだかはわかりませんが、せっかくの連休を楽しめないんですね。金曜日の夕方は元気です。面倒な仕事も苦になりません。冗談も出ます。不思議なものですね。
nonさんの言われるとおり、心臓は動いていて体は暖かいんですから、それを断ち切るには勇気が要ると思います。でも、母親はそういう状態は絶対いやだと言っています。近所の仲のいい人たちも一緒の考えで、お互いに意志を確認し合っているようです。これだけはっきりと言われたらその意志は尊重せざるを得ないと思います。きっと辛いでしょうが。
  1. 2012/05/05(土) 16:49:10 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

私も一応仕事はできていますが、何をしていても本当に心が晴れるということはありません。「ぼんやりとした不安」がいつも心の片隅に隠れています。そういう点はこおろぎさんと一緒ですね。
休みの間より前の日の方が楽しいんですよね。皆さんもそうなんでしょうか。休みの日が思い切り楽しめるようになれば、もううつは治っているのでしょう。
私も意識もなく管に体を繋がれてただ生き延びるのは勘弁してほしいです。こおろぎさんはご自分の死について漠然とした不安がぬぐえないんですね。そこから抜け出せればうつも治ったと言えるでしょう。そういう日は何時か必ずやってきますよ。それを信じることが大事なんでしょう。考え方をポジティブにするのはなかなか難しいと思いますが。
  1. 2012/05/05(土) 17:02:28 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1030-3a5d5f05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。