うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

敗戦記念日

どうも今週に入ってからは調子が今一ですね。
朝起きると体と心が重いんです。
また「早期退職」という言葉が頭に浮かぶようになっています。
今日は終戦記念日ですね。
私はこの言い方は不正確だと思います。
はっきりと「敗戦記念日」と言うべきでしょう。
終戦と言うとまるで戦争が自然に終わったみたいに聞こえます。
そうではありません。
愚かな指導者と軍部が自ら起こした戦争で敗れたのです。
明治維新、日露戦争ではあれほど巧みに国を導いた指導者たちが、昭和に入るとほとんど消えてしまいます。
政府は軍隊を統制できない。
その軍隊にしても陸軍と海軍は敵同士のようです。
その陸軍でも関東軍は中央の統制に服さず勝手な行動を続けました。
本来、命令なしに部隊を動かせばその指揮官は軍法会議で死刑です。
それがまかりとおってしまうのですから、昭和の陸軍は近代的な軍隊としての体をなしていないと言わざるをえないでしょう。
挙句の果てにほとんど自ら勝算のない対米戦に突き進んでいきます。
その当時の日本の動きは愚行に愚行を重ねているとしか言いようがありません。
その結果が230万人の戦死者です。
私の伯父もサイパンへ行く途中、輸送船が撃沈されて戦死しています。
みんな死んでも死にきれなかっただろうと思います。
ともかく国家の内部はバラバラで統一された戦略が全くないのですから話になりません。
また太平洋戦争は第二次世界大戦の一部でもありました。
もっとも多くの戦死者を出したのはソ連軍です。
なんと1450万人です。
ドイツ軍がいかにソ連軍を苦しめたかよくわかります。
それに対し米軍の戦死者は29万人でした。
巨大な工業力で枢軸側を圧倒したんですね。
戦後は少しは反省したのか、日本は経済成長第一と対米追随という戦略に従って行動しました。
これはバブル崩壊までは一応機能していました。
でもその後はまた戦略を見失って漂流しています。
中国が軍備を整えて南シナ海の制海権を虎視眈眈と狙っています。
アメリカにはかっての勢いがありません。
実質的な指導者を欠く日本はこれからどうするのでしょうね。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2012/08/15(水) 20:10:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<パソコンで目が疲れる | ホーム | テスト>>

コメント

サイレンが鳴っていました

その時は私は布団で寝込んでいたので、何だろうと思いましたが、終戦のサイレンだったのですね。
終戦記念日ではなく、敗戦記念日ですね。ハッキリと正確に言った方が良いです。
関東軍は陸軍最強のエリート部隊と呼ばれていましたが、勝手な行動で戦争を始める。
終いには攻め込まれると住民を盾にしてそうそうと逃走する最低な部隊でした。
本来はアメリカ・イギリス相手に長期戦などする国力などあるわけがありませんから講和をする予定でした。
しかし各地で玉砕し、砲弾も燃料も食料もなくなり、本土を焼け野原にされ、広島と長崎に原爆を落とされるまで戦争を止められませんでした。
そもそも開戦をしたのが大きな誤りだったのです。
その理由は予算が減らされてしまうからという信じられないものです。
この日本の硬直した官僚制は今も残っていますね。
役人にも政治家にも頼れない国ですから、国民がもっと政治に積極的に関与していくしかないでしょう。
閉塞感のはけ口に弱い者を叩いて紛らわせている場合ではないと思います。
ああ、なんだかボンヤリして頭が全然回りません。
  1. 2012/08/16(木) 13:36:09 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

本当にこおろぎさんの言われるとおり、関東軍は勝手な行動ばかりして太平洋戦争の原因を作っておきながら、ソ連軍が侵攻すると国民を捨てて逃げてしまいました。本当に最低ですね。開戦前、海軍はアメリカには勝てないとはっきり言うべきだったのです。それが膨大な予算を使っておいて今更国民に言い訳がたたないと沈黙してしまいます。硬直した官僚制は戦後も残ってしまいましたね。いまだにキャリア制をとっているなど時代錯誤もはなはだしいと思います。確かに政治に積極的に関与することは必要ですが、あまりにも政治家に人材がなさ過ぎます。明治維新の時のあの偉大な人たちはどこへいってしまったのでしょう。日本の未来に明るい展望が見いだせません。
  1. 2012/08/16(木) 19:29:45 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1132-3463d85e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。