うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1978年の就職

今朝は4時に起きてしまいました。
最近は5時まで眠れていたのですが、こういう日もあるんですね。
おまけに夜中に夢を見て目が覚めてしまい、30分くらい中途覚醒が続きました。
天気は雨です。
それでも月曜日のようには落ち込みません。
月曜日は鬼門なんですね。
調子の悪い午前中は仕事を辞めようかと考えています。
精神的苦痛が原因なのはもちろんですが、私にとって仕事は目的ではなく手段でしかないという点もあります。
私が就職したのは1978年です。
まだ石油ショックが尾を引いていて景気はあまりよくありませんでした。
ただ今とは違ってより好みさえしなければ大卒男子は正社員になることができました。
まだ派遣社員や契約社員など影も形もない時代です。
ただ自分がどういう仕事をしたいのかはわかっていませんでした。
また就職先の情報も極端に乏しかったのです。
リクルートが創刊された頃で大きな話題になりました。
それまでは就職情報誌というものがまったくなかったのです。
大学も就職に関して学生をサポートするということは一切ありません。
掲示板に企業からの募集案内を張り出すだけです。
あの頃はまだ終身雇用がいきていましたから、定年まで潰れない就職先を探すことが重要だと思われました。
ただそれが難しいんですね。
企業からパンフレットが送られてきますが、それは美辞麗句が並んでいるだけで参考になりません。
私は鉄道が好きなので先輩に「国鉄なんかどうでしょう」と言ったことがあります。
先輩には「国鉄のように難しいところは到底無理だ。あきらめろ」とさとされました。
今となってみると隔世の感がありますね。
もちろんネットなど想像することさえできない世界です。
知恵のない頭をしぼって潰れそうもないところを5、6個リストアップしました。
そしてたまたま受かったところに就職したのです。
恐ろしいことに私がリストアップした他の会社や団体は一つ残らずその形態を維持できませんでした。
就職した当初は私もすごく張り切っていました。
でもそういう考えで就職しましたから、自分が情熱を注げる仕事ではないという思いが強くなってきます。
仕事の手を抜くことなどありませんが、お金と引き換えに自分の時間を売っていると割り切る様になりました。
ただ新しいシステムの構築や大きなイベント、危機管理の際には気持ちが燃えましたが。
午前中の「辞めたい」という願望には私のそういう背景もあると思います。
かと言って明日辞めるという訳にもいきませんが。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2012/10/23(火) 20:06:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<3分間の診察 | ホーム | フェイスブックで親友発見>>

コメント

就職活動をほとんどしていない

どうするべきなのかわからなかったので、就職活動なんてほとんどしてなかったですね。
ちなみに受験勉強もほとんどしていません。
そうしたことに関心が低かった。皆が同じように同じ価値観で動くことに抵抗がありました。
私の就職時期はバブル期でしたからね。みんな良いところを目指していましたよ。
でも私には興味がありませんでした。反骨精神の塊でしたから。
皆と一緒に卒業するのが嫌でわざと一年留年して公務員試験を受けました。
でもそんな人間ですから判で押したような人間を作る公務員が会わないのは今考えると自明の理でしたね。
うつを発症して退職してその後は転落人生です。
  1. 2012/10/24(水) 10:59:31 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

なるほど。こおろぎさんは皆と合わせて意に染まぬことをするのをよしとしなかったんですね。皆と同じ価値観で動くことに抵抗があったんですか。それは私も一緒ですね。ただ私は意志薄弱なのでそう思いつつも流されていってしまいます。「反骨精神の塊」ですか。いいと思います。だいたい人間はみな一緒という考えが間違っているんです。公務員は合わなかったかもしれませんね。自分一人の力で生きていけたら最高だと思うんですが、どうでしょう。ロビンソン・クルーソーが理想なんですが。
  1. 2012/10/24(水) 18:55:07 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1192-cb48df5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。