うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うつは感情を殺す

今日は10時頃まで不調でした。
でもそれを過ぎるとまあまあの状態になりました。
早期退職の申出をしてから心が少し軽くなったようです。
4月以降の仕事のことは悩みの種でしたから。
まず異動は間違いなかったでしょう。
大昔は「閑職」というものがありました。
合理化に次ぐ合理化でそんなものはとっくに消えています。
ですから新しい仕事も厳しいものになっていたと思います。
今の係は事務職の人数が多いんですね。
わからないことがあっても大抵誰かが答を出してくれます。
そういう点は助かるんです。
事務職の少ない係に異動するとそうはいきません。
自分で考えるか、前任者に電話で訊くか。
電話で複雑なパソコンの操作を教えてもらうのは難しいですよね。
34年勤めた訳ですから辞めるに際してはもう少し感慨があると予想していました。
ところが全然なにも感じないんですね。
心の中をのぞいてもからっぽです。
2度ほど左遷されて苦汁をなめたこともありました。
上司と喧嘩したり同僚と衝突したり。
でも楽しいことの方が多かったですね。
若くてみんな独身の頃は女の子と一緒に旅行に行ったり、私の家でホームパーティを開いたり。
歳をとってからはおじさん同士のグループで沖縄や方々の温泉へ行きました。
大きなシステムの構築を任された時は全力投球もしました。
あるシステムは私が考えた案がほとんど無修正で通ってしまったのです。
そのシステムは今でも動いていて多くの人と財産を動かしています。
大手広告代理店と組んでイベントもやりました。
私はキャンペーンガール担当です。
自分にプライドを持った子の集まりですから非常に神経を使いました。
イベントの最後の日には一番気に入っていた子から携帯の番号を渡されました。
論文を書き自分で企画して自ら講演会も開きましたね。
これだけ思い出があるのですが、心はぴくりともしません。
そういえば父親が亡くなった時もそうでした。
悲しいはずなのに感情がわいてこないのです。
うつは人の感情を殺すようですね。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2012/11/16(金) 21:26:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
<<早期退職を申し出る | ホーム | 料理復活なるか>>

コメント

本当にそうですよね。
感情が無くなってしまったような感覚に陥る事があります。
最近はそれでも以前よりは戻ってきたような気はしますけど。
オモダカさんはずっと忙しく仕事をされてきて、そんな中での鬱との闘いですから、きっと感情的にも戻りが遅いのかもしれませんね。
きっと仕事を辞めてのんびり出来るようになったら、少しずつ戻ってくるのでは…?
これからの楽しみを考えて暮らしていくのが良いかもしれませんね。
  1. 2012/11/17(土) 05:07:03 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしい経験をされていますね

講演まで開かれているとは。活力に充ち満ちた人生だったのですね。
それなのに早期退職することにしても感慨がわいてこないというのは。なぜでしょうね。
私も感情というものが削られていると感じます、喜びも悲しみも薄いんです。ただ不安だけが強く感じます。
まだ3月までは時間もありますから実感がわいてこないのかもしれません。
今は普通に仕事をしておられるわけですから。
実際に離れてみると色々と感じることがあるでしょう。
私は中身の薄い人生を送っているのだなあと感じます。
今日はすっかり落ちてしまって辛い状態です。
  1. 2012/11/17(土) 14:36:49 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

ご無沙汰しております

オモダカさん、お久しぶりです。
早期退職の手続きをされたんですね。
来年の4月に、またも異動の話があったんですね。
周りの環境が変わるのは、うつの人間にとってはきついことですよね。
お仕事しながら治療されて、いままでずっと頑張ってこられたんですから、辞められたあとは本当にゆっくりゆっくり休まれてくださいね。
そうすればまた、心持ちも、少しずつ変わってくるかもしれません。



  1. 2012/11/17(土) 17:41:51 |
  2. URL |
  3. 半分 #TTjpH3IE
  4. [ 編集 ]

non 様

non さんもやはり感情がなくなってしまったような経験があるんですね。だいぶ戻ってきたんですか。そうでしょうね、それでなくてはボランティアには行けないでしょう。本当にご苦労様です。
休職中は感情がありました。ただしゆううつ感やいらいら感といった負の感情です。それはだいぶ消えていったのですが、代わりに喜びや充実感や解放感といったプラスの感情がわいてきた訳ではないんですね。心の中がからになっただけです。仕事のプレッシャーはかなりありますから、それが消えれば変わってくるかもしれませんね。辞めれば自由になるので積極的に楽しみを見つけるようにしていかないといけないような気がします。いい方向に向かえればいいのですが。
  1. 2012/11/17(土) 18:48:02 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

講演を開いて専門誌に論文が載りました。その代わり20部程を自分で買わなければなりません。一種の寄付ですね。営利にはならない専門誌ですので、そうやって維持しているんです。
私も喜びや悲しみはほとんど感じません。ただ午前中の不安があるだけですね。
本当に自由の身になったら変わる可能性はあると思います。またそうあってほしいですね。
こおろぎさんは最近アップダウンが少し激しいようですね。今日は落ちているんですか。そういう時には「中身の薄い人生」だと思ってしまうかもしれません。でもお話を聞いているといろんな仕事をそれぞれ頑張ってやってこられたのではありませんか。「歩く生き字引」と呼ばれるだけの知識もお持ちです。悲観しないでくださいね。
  1. 2012/11/17(土) 19:02:26 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

半分様

本当にお久しぶりです。ずっとブログを更新されていなかったので、少し案じておりました。アルバイトを考えておられるんですね。きっと状態がよくなっているのでしょう。なによりです。
毎日ではありませんが午前中の不調が解消されません。不調をこらえて仕事をするのはやはり苦痛です。私は現在57歳、62歳になると年金が一部支給されます。それまで食べていける見込みはあるので思い切って辞めることにしました。仕事のプレッシャーから解放されれば午前中の不調も解消されるのではないかと期待しています。これでいい方向に向かっていくといいんですが。
  1. 2012/11/17(土) 19:36:19 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1221-07ebc0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【うつは感情を殺す】

今日は10時頃まで不調でした。でもそれを過ぎるとまあまあの状態になりました。早期退職の申出をしてか
  1. 2012/11/17(土) 16:23:47 |
  2. まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。