うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新たな人間関係

今日は昨日よりはましでした。
大体、休み明けが一番ひどくて、休みが近付くにつれよくなっていくようです。
今日は退職予定者の面接に出かけました。
早期退職でも再就職の希望を出すことはできるのです。
定年退職の場合はいろんな第二の道があります。
仕事も責任もそのままで初任給並みの給料で働く。
会社にとっては美味しい話です。
即戦力を安い賃金で使うことができます。
仕事に愛着がある人はこの道を選ぶようです。
現場で事務や技術の仕事に就く人もいます。
(どの道を選んでも給料は初任給並みです。)
ただ祝祭日は全日仕事です。
正月2日から働くこともあります。
でもこれはまだいい方ですね。
完全な肉体労働もあります。
しかも屋外ですから夏や冬はきついですね。
けっこう重量物の運搬などを行います。
筋力のない私にはできない仕事です。
でも第二の人生があるだけ恵まれていると言えるでしょう。
私は再就職希望書に「時々働く」という項目があったので、それに○をつけました。
毎日働いたのでは早期退職の意味がありませんが、毎日家にいるのも飽いてくるかもしれません。
時々なら働いてもいいと思ったのです。
ところが面接をすると「時々働く」という仕事はないようなのです。
それならなぜそんな項目を作ったのでしょう。
おかしな話ですが、文句を言っても始まりません。
どうやら仕事とは完全に縁が切れるようです。
実家が生まれ故郷だったらと思うことがあります。
そうすれば幼馴染や知り合いがいて寂しい思いをすることもないでしょう。
残念ながら高校生になってから引っ越した実家の近辺には友人も知り合いもいません。
この歳になって新たな人間関係を一から作ることができるでしょうか。
なかなか難しそうです。

応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/01/16(水) 20:30:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<解放されたい | ホーム | 4月が待ち遠しい>>

コメント

再就職も条件が厳しいですね

オモダカさんは無理して再就職しなくても良いのではないでしょうか。
まずはしばらくゆっくりすればうつは寛解すると思います。
その時することがなくてヒマに感じたら……という不安はあると思いますが。
でも初任給並みの待遇で同じ仕事と責任を負わされるのはちょっとどうかと。
確かに会社には美味しい話ですよね。
のんびりされたら良いと思いますよ。
私はどうも治りそうにありませんが、オモダカさんは寛解間近だと思います。
そのときには新しい人間関係も楽しく築けると思いますよ。
  1. 2013/01/17(木) 00:18:58 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

へぇ~。
退職後も再就職の道があるのですね。
「時々働く」っていうのは理想的でしょうけれど、実際には無いのですか。残念ですね。
生まれ育った故郷じゃなくても、何かしらの趣味が持てればその繋がりのお友達も出来るでしょうけど、普通に暮らしているだけではなかなか良い人間関係っていうのも難しいかもしれませんね。
一緒におしゃべりでも出来るような方ができるといいのでしょうけど…。
  1. 2013/01/17(木) 07:07:54 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集 ]

芥川賞受賞黒田夏子さん

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130116/art13011620280003-n1.htm
素晴らしいニュースが昨日飛び込んできました。
自分の好きな道を歩み続けている女性の金字塔ですね。
自分の事のように嬉しく思いました。
オモダカさんも夢を忘れないで下さいね。
  1. 2013/01/17(木) 13:57:38 |
  2. URL |
  3. medical_rod #-
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

私も本格的に再就職する気はまったくありません。「時々働く」という項目があったので、気分転換にいいかなと思って〇をつけただけです。おっしゃるとおりしばらくゆっくりするつもりです。
これからの世代は65歳まで無年金ですから会社はそういう世代を安く使おうとしているんですね。
休みの日は早朝覚醒は起きますが、ゆううつな気分とは無縁です。退職すれば寛解とまではいかなくても状況はかなり改善されると思います。今はそれを想って耐える時期ですね。
  1. 2013/01/17(木) 19:38:25 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

non 様

私も時々働くのならいいなと思ったんですが、それは実現しないようです。
私の実家は荒れ野原だったところを大手住宅メーカーが40年以上前に開発したところにあります。家もその住宅メーカーの家ばかりです。当時、30代、40代だった人が一斉に入居しました。今では高齢化が進行して一人暮らしの女性高齢者ばかりになっています。ですから周囲に話友達を見つけるのは難しいんですね。同年代の男性はいないんです。弟は東京から帰ってきませんし、一番仲のいい従妹はニュージーランドに住んでいます。やはりネットが頼りでしょうか。
  1. 2013/01/17(木) 19:50:08 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

medical_rod 様

こういうこともあるんですね。確かに素晴らしいことだと思います。よほど小説を書くのが好きだったんでしょう。祝福の拍手を贈りたいと思います。こつこつ続けてみるものですね。
アメリカには70歳台で絵を描き始めて有名になった女性画家もいます。老いたからといってあきらめることはないようです。
私の夢の一つは雑誌を出版するということでした。とてもかなわぬものと思っていましたが、ブログという形で夢は半ば実現しています。退職したらブログをもっと広げていこうと考えています。
  1. 2013/01/17(木) 20:01:56 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1286-068a8461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。