うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

深い深い井戸の底

日曜日の朝と月曜日の朝。
同じ朝に違いはないはずなのに私にとっては雲泥の差です。
日曜日も4時半か5時に目が覚めます。
でも特に何も感じません。
朗らかというには程遠いですが、不愉快な気分ではないのです。
ところが月曜日はまったく違います。
起きた瞬間、世界は真っ暗です。
深い深い井戸の底にうずくまっているようです。
上を見るとはるか彼方に丸い小さな出口が開いているのがわかります。
そこまで這い上っていくのですが、心だけでなく体も言うことを聞きません。
手も足も鉛のように重い。
片方の靴下をはくまでに5分かかります。
着替えをするのが億劫でたまらないんですね。
でも休む訳にはいきません。
重い足を引きずる様にして職場へ向かいます。
月水金は朝礼があります。
立って話を聞かなければならないのですが、これが辛い。
昔は朝礼などなかったのですが、なぜか行うのが義務になってしまいました。
実にくだらないことだと思います。
それで仕事の能率が上がるとか有益な話が聞けるとか、そういうことはありません。
皆話題に困ってどうでもいいような話をしているだけです。
単なる形式ですね。
形だけ整えたって意味はないでしょう。
私は他に能がないのでサラリーマンになりましたが、そもそも組織で働くということ自体向いていないのかもしれません。
実際にはできないのですがずっと漂泊の人生にあこがれていました。
日本には昔から漂泊の歌人、俳人たちの系譜があります。
西行法師、松尾芭蕉、井上井月、山頭火、尾崎放哉。
放哉に「咳をしても一人」という句があります。
まるで私の人生を詠んだような句です。
肉体がひ弱で家から出れない私は本に耽溺して頭の中の世界を漂泊しているのですね。
57歳で退職するのは正解でしょう。
むしろ遅すぎたくらいだと思います。

応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/03/11(月) 20:35:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<東日本大震災から2年 | ホーム | 潤いのない日々>>

コメント

意欲の高まる朝礼など聞いたことがない

だいたいはそんな時間があったら仕事を始めさせろよと言いたくなる儀式ですね。
百貨店にいたときには一時朝礼からは開放されていました。
なぜならその時間にはトラックがわんさかやってきて荷受けをしなければならないからです。
よくフラフラとしてサボっているという印象を持たれましたが、実は荷受けというのは開店前が一番忙しいんです。
もう既に疲れて腑抜けになっていたんですね。
私も宮仕えには向かなかったですね。性格がダメなんです。集団生活に不向きという烙印を押されてしまいました。
それでもまた元気になったら仕事を探さなければならないのですが、そのことを考えると憂鬱になります。
完全に社会不適合者です。
  1. 2013/03/12(火) 01:08:19 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

以前は朝礼などという虚礼はなかったんです。仕事のやり方も堅苦しくなるばかりです。日本全体がそうですね。少し過ちを犯すとマスコミが猫の首をとったように騒ぎますから。
百貨店では朝礼がなかったんですか。やはり業務優先ですよね。
人間が皆集団生活に組み込まれるようになったのは近年のことです。集団生活に不向きな人がいることは人類にとって自然なことだと思います。昔は山伏や木地師など漂泊の生活を送る人たちが存在していたんですね。近代化とともに彼らの居場所はなくなってしまいました。この社会の構造自体に無理があるんです。適合できなくてもそれはこおろぎさんの特性であってなんら非難されるべきことではありません。一人で稼げる仕事があると一番いいですね。
  1. 2013/03/12(火) 20:02:49 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1348-e2ba8dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。