うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

潤いのない日々

今日は昨日よりはましです。
ただ一日中気分はよくありませんでした。
夕方18時を過ぎると少し上がってきます。
仕事は忙しいですね。
主治医の言うように余っている有休を使って休んでしまいたいのですが、なかなかそれができません。
でも仕事をしていても全く充足感がないのです。
仕事のほとんどは来年度に向けてのものです。
確かに今は給料をもらっている身ですからそれも義務なんでしょう。
理性で考えればそうですが、心はそうではありません。
やっていることはもはや私にとってはなんの関係もなくなることです。
士気が上がるはずがありません。
不毛な毎日が続いていますね。
生活にはなんの潤いもありません。
家へ帰ると目が疲れてしまってろくに本も読めまない始末です。。
私のオフィスのすぐ近くに本屋があります。
それほど大きい本屋ではありません。
ただほんとに近所なので雑誌を定期購読すると届けてくれます。
今、本屋は不況業種ですからおいしいお客さんなんでしょう。
届けてくれれば手間がはぶけますから雑誌をとる人はほとんどその本屋を利用しています。
また在庫にない本をたくさん注文した時も届けてくれます。
退職すればこのシステムは利用できません。
なので一度に17冊も本を注文しました。
宝島社の「このミステリーがすごい」という本に載っている海外作品のベスト10を全部。
他にも書評でよかったアクション小説や食に関するエッセイなど。
30年、40年前はミステリー、アクション小説は海外作品が主流でした。
ところが最近は日本の作家も実力をつけています。
海外ミステリーは冬の時代と言われ大きな本屋でも売り場が縮小されています。
確かに日本の作家も質を上げていますが、国際的な冒険小説などではまだ欧米の作家にかないませんね。
私はジェフリー・ディーヴァーやマイクル・コナリーといった作家のファンです。
今は積んである本も退職すればあっと言う間に読んでしまうと思います。

応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/03/12(火) 20:50:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<深い深い井戸の底 | ホーム | 衰えた記憶力>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1349-590c53fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。