うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

村上春樹の新作

昨日金曜日は実家へ行きました。
実家ではなんとなく気分が落ち着きません。
2階には一応自分の部屋があります。
でも布団があるだけなので、そこで過ごすことはできません。
結局ずっと居間にいるか、父親の遺したパソコンの前にいるかしかないんです。
母親とは事務的な連絡意外話題がありません。
やることがないのでずっと週刊誌を読んでいます。
今日は父親のパソコンをいじっていました。
ADSLから光回線に変えたんですが、メールの設定がうまくできなかったんです。
もう一度トライしてみました。
今度はうまくいきました。
ついでにYAHOOのIDとメールアドレスも取得しました。
これで実家でもYAHOOのオンライン麻雀ができるようになりました。
2台のパソコンを使えば新しくFC2から日本ブログ村に参加できます。
引越が落ち着いたら読書日記を始めてみようかなと考えています。
今話題の村上春樹の新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を入手しました。
本屋に予約が入れてあったのです。
まだ以前から読んでいる本が終わっていないのでページをめくっていません。
前作「IQ84」はかなり現実の日本を意識した作品でした。
以前の作品はもう少しファンタジックな要素もあったように思います。
私は村上春樹のベスト3は「ノルウェーの森」「羊をめぐる冒険」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」だと思っています。
「羊をめぐる冒険」は文字通り冒険小説ですね。ただし舞台は異国のジャングルではなく東京です。
「ノルウェーの森」は恋愛小説とうたってありますが、主題は「死」だと思います。
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」も冒険的な要素はあるものの結局「死」に向かっている小説ですね。
今度はどんな世界が展開されるのでしょうか。
楽しみです。
引越に備えてもうだいぶ荷物は片付けたつもりでした。
ところが押入れの上の戸袋を開けるとそこにも要らないものが入っています。
今日は全部片付けれなかったのでまた明日以降ですね。

応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/04/13(土) 19:33:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<卵のリキュール | ホーム | ジオラマが出てきた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1387-78bc99a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。