うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

霊気を感じさせる山

4月1日に国民年金の加入を申し込んだんですがようやく年金手帳が届きました。
ただ年金の振込書は同封されていません。
引越があるので早く送ってほしいんですが、4月は手続きが集中するのでしょうか。
自分でできる不用品の処分は大体済ませました。
引越直前まで使う日用品は当日の朝処分するしかありませんね。
こういう時は一人だと大変です。
引越業者のトラックを団地の中へ入れるため、管理事務所へ車止めの鍵を借りに行かなければなりません。
ガスと電気の供給停止に立ち会う必要もあります。
引越の前後4日間くらいは大忙しですね。
ところで富士山がユネスコの世界遺産に登録されることになりました。
日本を代表する山であり、ある意味日本の象徴でもありますから当然だと思います。
これほど形の整った美しい山は世界でも稀でしょう。
昔は「富士」という名前の特急列車も走っていました。
今は新幹線の車窓から何度もその姿を見ていますから、特別に感銘を受けることはなくなりました。
でも、子供の頃は違いました。
私は幼稚園から小学校2年生まで東京に住んでいました。
夏休みになると父親の実家がある三河へ里帰りをします。
日本はまだ貧しい国でした。
新幹線などない時代です。
東海道線で帰るんですが、特急に乗るお金がないので「東海号」という準急を利用しました。
座席の背もたれは直角で、狭い4人掛けのボックス席です。
これに5時間も乗るのです。
クーラーは付いていません。
開けた窓から吹き込む風が頼りでした。
冷凍ミカンというものを売り子さんが持ってきます。
何時も買って凍ったミカンを食べた憶えがあります。
大人たちは苦痛だったと思いますが、私は列車に乗ればご機嫌でずっと飽きずに車窓の風景を見つめていました。
富士山が近付いてくると「富士山見えるかな」と両親に尋ねたものです。
そして雲もなくその雄姿が現れると歓声を上げました。
別に教科書で習った訳ではないのですが、特別な山だということはわかったのです。
一種の霊気を感じさせる山なんですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/05/05(日) 19:15:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<CDラック完成 | ホーム | 生きていく意義>>

コメント

富士山は雄大な山

オモダカさんが子供の頃、東海号に乗って心をウキウキさせながら、
車窓から風景を眺めている姿が目に浮かぶようです。
今でも新幹線に乗ると子供たちが大きな山の姿を見つけて「あれが富士山かな」と
さかんに親御さんに話しかけたりする光景を目にします。
東京から名古屋に向かっていくと車窓右手にその雄大な姿が見えますね。
富士山はとりわけ大きな山なので、他府県の山に登ってもひときわ大きな姿を
見せてくれます。他の山はどんなに立派でも富士山には敵いませんね。
日本の中心に坐する名山、山の王様。
実際に登っても他の山と比較して格段に大きいと感じました。
標高が高い場所は空気が澄んでいますし、すがすがしい山の霊気が
体を包んでくれるようです。
山に登る時には心を静めて安全祈願しながら、登らせて下さいと
心の中で祈りながら登ります。そうするとうまい具合に守られるようです。
山の天候は全く予測不可能ですし、山は不浄なるものが
立ち入る事を許さないようなところがあります。
私のような不浄者が登る事を許して貰わなくてはならないんです。
富士山が世界遺産になろうがなるまいがその素晴らしさに
違いはないですよね。神社が山の上にあるのにも感動致します。
昔の人々は今のような装備もなく道筋が整えられた環境で
ないところを登ったのですから、凄い事だと思います。
世界遺産に認定されれば今までよりももっと多くの人々が
富士山に登る事になるのでしょう。オーバーユースになるでしょうね。
これは果たして良い事なのでしょうか。
  1. 2013/05/05(日) 23:50:32 |
  2. URL |
  3. medical_rod #-
  4. [ 編集 ]

medical_rod 様

日本には山岳信仰というものがあります。各地の霊峰がその対象となっていますが、富士山は特別なんですね。全国に多くの「浅間神社」がありますが、その総本山なんです。山頂部分は多くが神社の敷地です。ですからmedical_rod さんが「すがすがしい山の霊気」を感じられたのももっともなことなんですね。私は山を見るのは好きですが高所恐怖症なので登ることはできません。medical_rod さんは富士山へ登られたんですね。よい経験をされたと思います。確かにオーバーユースは懸念されますね。清浄な山が汚されないことを願いたいと思います。昔はバチが当たると言って信仰の対象となるものを汚すことを恐れたものでした。今はそういったモラルが低下していますから心配です。
  1. 2013/05/06(月) 17:21:35 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1409-bfaa2efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。