うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「殺戮の世界史」

今年は天候が変ですね。
地球温暖化のせいか、ずっと暖かい冬が続いていましたが、厳しい冬になりました。
積雪も多く北国の人は大変だったでしょう。
春になってもなかなか安定しません。
日中妙に気温が高い日もありますが、肌寒い風が吹く日もあります。
帯広では雪が降りましたね。
やはり気象というものは一筋縄ではいかないようです。
マシュー・ホワイト著「殺戮の世界史」を読みました。
735ページもある分厚い本です。
マシュー・ホワイトは学者ではなく図書館の司書なんです。
彼は統計マニアで図書館員という立場を利用して様々な文献にあたりこの本を書き上げました。
年代順に世界史に残る殺戮ワースト100をあげ分析しています。
ワースト1位は第二次世界大戦ですね。
全世界を巻き込んだこれほどの戦争は他にありませんから当然でしょう。
6600万人が犠牲になりました。
日本が登場するのはこの第二次世界大戦だけです。
ほとんどの殺戮は中近東、中国、南北アメリカ、ヨーロッパといった大陸で起きています。
チンギス・ハンはユーラシア大陸で4400万人を殺しています。
バクダットのように都市を丸ごと破壊し尽くした例も多いです。
異民族同士の戦いというのは容赦がありません。
男は皆殺しにされ女は奴隷とされてしまいます。
ですから大陸の都市は城塞都市なんですね。
夜になると門を閉めて防備を固めていました。
その点日本は平和な国です。
極東の辺境にあり海が異民族の侵略を阻んできました。
平城京も平安京もまったく無防備な都市です。
戦国時代はありましたがマシュー・ホワイトは「戦いは儀礼的なものだった」と一言で片づけています。
織田信長が美濃をとってもその領民を殺戮するようなことはしていません。
逆に多くの美濃の武将が配下についています。
チェスと将棋の違いですね。
日本は軍部が暴走して第二次世界大戦に参戦しなければ、平和な国としてもっと世界で好意を持たれたでしょう。
今思えば石原莞爾が満洲国をでっち上げたのが最初の一歩でした。
彼がいなければ日本の歴史は変わっていたかもしれません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/05/08(水) 18:02:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<[ | ホーム | 一言で断酒>>

コメント

チンギス・ハンって

そんなに人を殺していたんですね。初めて知りました。
第2次世界大戦の犠牲者は6600万人ですか。信じられない数ですね。
言われてみれば日本の都市は城塞化してませんね。
それほど平和な国だったと言うことなのでしょうか。
本を読まない私は知らないことばかりです。もっと勉強しなければいけないんでしょうけど。
読書ができないんですよね。700ページを超える本なんてとても読めません。
  1. 2013/05/08(水) 18:22:24 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

> チンギス・ハンは遊牧民族ですから農耕社会を侵略すると略奪に走るんです。その時に住民も殺してしまうんですね。最初から降伏すれば生かしておくこともあるんですが、少しでも抵抗すれば皆殺しです。蒙古人は幼少の頃から馬に乗っているので、卓越した馬術を身につけていました。
> 欧州の騎士のように1対1で戦わず集団戦法をとります。抵抗できる国はありませんでした。
> 第二次世界大戦は独ソ戦が大きいですね。ソ連だけで2000万人以上が殺されています。
> ドーバー海峡は泳いで渡れるほど狭かったのでイギリスはローマ人とノルマン人に侵略されました。玄界灘は違います。本土を直接地上軍に蹂躙されたことは一度もありません。日本人は平和と水はただだと思っていると言われましたが、それは今でも変わっていないでしょう。
  1. 2013/05/09(木) 09:08:17 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1413-0b99b201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。