うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

孤独が友達

起床6時半。
7時半から10時45分睡眠。
12時から13時睡眠。
合計睡眠時間10時間
今は寝たいだけ寝ていますが明日からは連日浴室の改装工事です。
しばらくは惰眠を貪ることができなくなりそうです。

うつ病が描いてあるとのことで映画「ぐるりのこと」を見ました。
一言でいってケンカもしながら深いところで愛し合う理想の夫婦を描いた映画ですね。
奥さんの方は子供の死産をきっかけにうつ病になります。
うつの描写もあるのですが軽症です。
稀死念慮も出てきません。
奥さんはとある寺へ出入りしている間に治ってしまいます。
うつ病はあくまでエピソードの一つとしてあるだけで主題ではありません。
この映画でうつ病を理解しようとするのは無理ですね。
でもそれはこの映画の罪ではありません。星は☆☆☆

11月7日に水道栓の工事業者と話して以来、誰とも話していません。
(私は独り暮らしです。しかも休職中)
9日間ですね。
私としては珍しくもない記録ですが、さすがに寂しくなりますね。
大体電話が嫌いなので電話はしません。
友達ともメールが多いです。
でも、54歳、用事もないのにメールはできません。
うつ病のことを知らない両親に電話しても仕様がないし。
公団住宅なのですが、2DKの棟なので子供がいません。
お互いに全くつきあいがないのです。
生き物を飼う趣味も子供のころからないし。
まさに八方塞がりですね。
明日からはいやでも業者の人と話さなければいけませんが、これはこれで気が重い。
もう半年くらい笑って話したことがないような気がします。
もともと孤独を愛し、孤独に強い私ですが寂しさは隠しきれません。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2009/11/16(月) 19:30:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<眠りのベール | ホーム | 孤独じゃない>>

コメント

もしよかったら

オモダカさんこんばんは。

寂しいですよね。もし良かったらでいいですから、気が向いたときでも自分とメールで話しませんか?
メルアドはブログに載せてますので。
少しは気が紛れるかもしれません。
  1. 2009/11/16(月) 20:30:33 |
  2. URL |
  3. L #-
  4. [ 編集 ]

L様

ありがとうございます。涙が出るほどうれしいです。
もしもの時はメールさせていただきます。
よろしくお願いします。
  1. 2009/11/16(月) 22:09:44 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

お察しします.

実は私には,家族と別居して一人暮らしをしていた時期があります.
1年あまり続きましたでしょうか...
来る日も来る日も一人でおりました.
最寄りのコンビニのご亭主と,日に二言三言,言葉を交わすのが
唯一の会話でした.
慰めは,病院入院中に知り合った仲間と,その日の体調や
日常の何でもないことをメールでやりとりすることだったでしょうか.

私も,ブログからメールを受信できるようにしておきました.
私のプロフィールページからお入りください.
  1. 2009/11/16(月) 23:21:57 |
  2. URL |
  3. さい #dch2eflE
  4. [ 編集 ]

さい様

本当にありがとうございます。
無人島に流されて携帯電話を見付けたような感激を味わっています。
本当にどうしようもなく寂しくなったら利用させていただきます。
やさしい心遣いに感謝の言葉もありません。
  1. 2009/11/17(火) 00:13:27 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして、haruと申します。Lさんのブログから訪問いたしました。
孤独に強いとおっしゃるオモダカさん。
「孤独」をつき合わせたら、少しはオモダカさんの寂しさも軽くなるのかもと思い、初コメントしてみた次第です。
私も自分は孤独には比較的強いほうだと思っています。しかし、それに伴う寂しさを鬱になってから、感じるようになりました。「どうせ、人間は誰でも死ぬときゃ一人さ。」って自分に言い聞かせてみたりすることあります。そうつぶやきながら、さらに不安が強くなる自分がいたりして。近頃は、その不安は薄まって穏やかになってきましたが、まったくなくなったかといえばそうではないんですよね。どうやってこの不安は埋めていけばいいのでしょう?
昨日、「クリスマスキャロル」という映画を見てきました。オモダカさんは、このストーリーをご存知ですか?ラストは温かく終えているのですが、なのに私は、観終えた後、悲しくて哀しくてしょうがないんですよ~。劇場での鑑賞でしたので、静かに号泣してきました。困りました(苦笑)。
  1. 2009/11/17(火) 16:10:53 |
  2. URL |
  3. haru #-
  4. [ 編集 ]

haru様

haruさんのいわれるとおりです。
うつになる前は「人間は誰でも死ぬときゃ一人さ」とうそぶき、キリギリスの生活を送っていました。
孤独に伴う寂しさ、不安などほとんど感じなかったのです。
うつになってから感じるこの不安をどうやって埋めていくか。
とのご質問ですが、寛解して前と全く同じ生活を送れれば解消すると思います。
でも、あんな無茶はもう2度とできないでしょう。
そうするとひっそりと寂しさを抱えたまま人生を送るしかないような気がします。
神にでもすがるが。
そんなことはできそうもありませんし・・・
  1. 2009/11/17(火) 19:00:46 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

haru様 追伸

「クリスマス・キャロル」ディケンズの原作小説なら読みました。
でも中学生くらい、40年も前のことなのでラストまでは覚えていません。
ごめんなさい。
  1. 2009/11/17(火) 19:07:25 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/143-5637321a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。