うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

孤独じゃない

今日は最初にお礼を述べなければなりません。
昨日のブログで9日間も話していない、私は孤独だという書き込みをしたところ、Lさん、さいさんからはメールではなしてもいいよという本当にありがたい申し出を受けました。
ありがとうございます。

記事をよんだ高校の同窓の女性からは電話までいただきました。1時間ほども話していたでしょうか。久しぶりの会話らしい会話でした。

さらに同じく高校の同窓の男友達からは「いつでもメールしてくれ」というメールもいただきました。
勝手に自分は孤独だなどと嘆いていましたが、本当はそうでないことがわかりました。
皆さんの厚情にただ感謝するばかりです。

起床は6時半。
いつもどおりですが今日は浴室のタイル張り工事。
7時半に寝て8時40分に起きました。
9時から工事開始。
起きていられるかなという甘い期待もあったのですが、すぐにベッドへ。
リフレックスは許してくれません。
完全に眠ることはないものの、半夢半生の時間が12時まで続きました。

昼からも一時ベッドに入ったものの、これはまったく眠ることなく起きていました。

今日で一定の結論が出たと思います。
リフレックス、中には平気で仕事をしている人もいます。
しかし、多くの人が仕事との両立は無理だと撤退しました。
私自身も仕事が始まったらリフレックスは切らざるを得ないということです。

これで復職の判断が余計難しくなってきました。
一番いいのは半年くらいで寛解もしくは良化してリフレックスをやめ、9か月後か1年後に復職するというもの。
こうはうまくことが進まない場合は1年間リフレックスを飲み、それを止めると同時に復職をするというもの。
後者の場合は再発も含めかなりのリスクを負うことになります。
また、代わりの薬を何にするか。
私には全然効かなかったルボックスには戻りたくない。かといって新しい薬は冒険です。また新しい副作用が出るかもしれません。

1年間経つと職場に籍はまだ残りますが、収入が0になってしまうのです。
何とか1年の間に何らかの結論を出さざるをえません。
結局は今考えても仕方がない。
今日、明日のことだけ考えてやっていくしかないわけですが。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2009/11/17(火) 18:43:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<孤独が友達 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

ブロガーさんや、ご友人からの
暖かいお言葉、良かったですね!
私も友達少ないので時々寂しく
なりますが、オモダカさんや、
皆さんから暖かいコメントを
頂くようになり、あまり寂しくなら
なくなりました~。
薬は難しいですね。うちの旦那も
トリプタノール、1日、150mg
飲んでますが、効果はイマイチ。
なんかシャキっとなる薬ないもん
ですかねえ。
  1. 2009/11/17(火) 21:28:24 |
  2. URL |
  3. マダムハッピー #-
  4. [ 編集 ]

長電話

長電話の相手です。
1時間も話していたんですか!?
突然、携帯電話が切れてしまった時は驚きました。

ブログは、全部読んでますからね。

映画鑑賞評を楽しみにしています。
実は、私は、映画が好きです。




  1. 2009/11/17(火) 21:47:23 |
  2. URL |
  3. 少年アリス #-
  4. [ 編集 ]

マダムハッピー様

そうですね、友達がこれほどありがたいとは思いもかけませんでした。
金魚さん、なかなか大変ですね。
150mgは最大量ですか。
リフレックスという手もありますがね。
少数の人はあまり眠くならずに出勤できてるようです。
試してみる価値はありそうですけどね。
  1. 2009/11/17(火) 22:05:21 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

少年アリス様

コメントお待ちしていました。
最近毎日1本ずつ映画を見ています。
昔はサム・ペキンパーのファンで「ワイルド・バンチ」なんか大好きだったのですが、今はがらっと趣味が変わり、癒し系の映画を求めています。
以前「涙そうそう」には感激しました。
今日は「天国はまだ遠く」を見ました。
徳井義実と加藤ローサが出ています。
自殺にきた都会の女が田舎で癒されるというストーリー。
割と丁寧につくってあるので☆☆☆
要するにうつが癒される映画が見たいのですね。
  1. 2009/11/17(火) 22:20:29 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

オモダカさんへ

レメロン錠は辛いです。
眠気の後は酷い頭痛です。

仕事どころか家事さえ出来ず
家族に後ろめたい気持ちになって
気が滅入り自分を責めていまいます。

薬ではなく何か他の方法で治療できないものでしょうか。
先が見えません。
  1. 2009/11/17(火) 23:38:03 |
  2. URL |
  3. fee de eau #2vPv/v7E
  4. [ 編集 ]

fee de eau様

レメロン、私の副作用は眠気と食欲亢進だけでしたが、もっとひどい人もいっぱいいるようです。
そんなに副作用がひどいのなら、比較的副作用の少ないSSRIかSSNIに薬を変えてもらったらどうでしょう。
薬でなく他の治療法としては認知療法などがありますが、いずれも補助的なもので、薬は必要です。
こんな回答しかできなくて申し訳ありませんが、これが現状なのです。
  1. 2009/11/18(水) 00:14:12 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

こんばんは。オモダカさんが、孤独じゃないって思えてよかったです~。
「鬱になる前の状態に戻れるなら、」ということあれば、それは神様が叶え易い願いなのではないかと私は思います。キリギリスでもなかった私からすれば、オモダカさんを羨ましく思います。薬の副作用には、結構苦労させられますよね。心中お察しいたします。でも、いずれよくなってきたと思える時期がやってくると思います。私は、今、服薬やめています。薬は約3年飲んできましたが、ようやくココまでくることができました。しかし、鬱症状がしっかり出ているときは、服薬は必要だと思ってます。
  1. 2009/11/18(水) 02:16:33 |
  2. URL |
  3. haru #-
  4. [ 編集 ]

レメロン錠

オモダカさんへ

本当は2週間に1度の通院ですが
薬を変えて欲しくて3週続けて訴えましたが
以前の薬には変えてもらえませんでした。
副作用はないし処方した患者さん全員効果があらわれていると
突っぱねられ変えてもらえませんでした。

レメロン錠を辞めるには転院するしかないと
数件心療内科に問い合わせしましたが
新規患者しか受け付けないと断われてしまい
それもショックで落ち込み気味なんですv-409

うつ病6年目の患者なんて診察したくないんでしょうねv-356
  1. 2009/11/18(水) 09:28:39 |
  2. URL |
  3. fee de eau #2vPv/v7E
  4. [ 編集 ]

良かったですね

こんにちは。
オモダカさんは1人じゃなかった。
周りに、オモダカさんを思ってくれている人がいたんですね。良かったです。
あと、1年ですか・・・
それまでに寛解していれば1番いいですね。
リフレックス、あの強烈な眠気。確かに辛いです。あの薬を飲みながら仕事をするのは大変でしょうね・・・
でも、効果を感じることもできる。効果を感じる半面、副作用もある。難しいところです。
後1年ですが、1年あるのでいい方向に向かうといいですね。
  1. 2009/11/18(水) 10:50:23 |
  2. URL |
  3. 3makura #-
  4. [ 編集 ]

haru様

皆さまのお力で本当に今回孤独から助け出してもらいました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
「鬱になる前の状態に戻れるなら」とは仮にそういうことがあればという意味で書いたもので、現実にはありえないでしょう。
副作用、眠いだけなので苦痛ではありません。ただ復職を考えると大きな障壁になるので困っています。
haruさんは服薬していないんですね。
早く私もそうなりたいです。ただし焦らず1歩ずつですよね。
  1. 2009/11/18(水) 14:07:23 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

fee de eau 様

それはおかしいですね。
他の皆さんのブログを読んでいても、皆、副作用の酷さを訴えて薬を変えてもらっていますよ。
また、医者を変わる際も「前の先生と人間的に合わないので」といえば簡単に代われると聞いています。
「今かかりつけの先生があるんですが性格的に合わないので代わりたい」と再度電話してみてはいかがでしょう。
「うつ病6年目の患者なんて診察したくないんでしょうね」とありますが
医者である限りそんなことは絶対にないと思います。
それが仕事なんですから。ボランティアとはちがいますよ。
それに6年目の患者自体珍しい存在ではありません。
粘り強く代わりの医者を探してみましょうよ。
  1. 2009/11/18(水) 14:22:14 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

3makura様

そうなんです。
自分では独房に何日も閉じ込められたような気分になってしまって、ああいう記事を書いてしまいました。
でも、実は周りにいっぱい人がいて、独房なんかじゃなかったんですね。
助かりました。
1年間の件は本当に考えていると気持が暗くなるので、何も考えず、足元だけを見つめて歩いていこうと思います。
幸い、私はパニック障害とかはないので何とかなるさと楽観的に考えていきます。
  1. 2009/11/18(水) 14:37:06 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/144-8f232c36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。