うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

参議院選挙

私は若い頃、政治にはまったく無関心でした。
そもそも政治家という人種自体が嫌いだったのです。
ですから誰にも投票する気が起きません。
それにあの頃の日本は国の高級官僚が政治を仕切っていました。
彼らが実際に日本の高度経済成長を可能にし、様々なインフラを整備したのだと思います。
政治家はそれをさも自分の手柄のように語る。
なんといういやらしい連中なんだろうというのが素直な感想でした。
ただ最近はちょっと違いますね。
高級官僚は欧米をモデルにして政策を立案するのは得意です。
ちなみにアメリカでは一般的な官僚の地位は低いそうですね。
(また初等中等教育の教師の地位も低いそうです。)
かっての日本の高級官僚は傲慢ではありましたが、世界でもトップレベルだったと思います。
ただそれは手本とするモデルがあっての話です。
受験勉強一本槍で東大を卒業した連中は優秀な回答を書くのは得意ですが、創造的イノベーションを起こす力はない。
またそれは官僚の本来の役目ではないでしょう。
そういうことのために政治家の存在理由があるのだと思います。
来週の日曜日は参議院選挙の投票日です。
各候補者や政党の主張を聞いています。
皆それぞれ立派な目標を掲げています。
それはそれでいいんですが、具体的な方法論に欠けるもしくはそれを示さないものが多いですね。
景気を回復させて雇用を確保する。
この目標に異議はありません。
ただどうやってそれを実現するか。
日本は人口減少社会に入っています。
なおかつ消費と労働の主体である生産年齢人口は急激に減少していきます。
国内市場は一部を除いて縮小するばかりです。
輸出産業は人件費の安い国や商品の消費国で現地生産をします。
国債競争は熾烈ですからそうでもしないと生き残っていけません。
私が考える限り有効な解決方法はないように思えます。
候補者もそれをわかっているのでしょう。
具体的な方法論にはほとんど踏み込みません。
日本がこういう将来的展望の描けない国になるとは思いませんでしたね。
もっとも私のうつ病も将来的な展望は存在しないんですが。
リンク「本の海漂流記」にアセモグル&ロビンソン「国家はなぜ衰退するのか」の評を載せました。よろしければご一読ください。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/07/17(水) 17:47:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ストレス発散 | ホーム | 死ぬまで寛解しない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1483-a3bd1c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。