うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりの雨

昨夜は本当に久しぶりの雨が降りました。
もう20日以上は降っていなかったと思います。
今日はあの強力な日射しはありません。
一日曇天が続きます。
ようやく気温が少し下がりました。
朝も5時半まで眠れたので気分もまあまあです。
午前中は歯医者の診察です。
今週は3回も医者通いです。
ほとんど老人の世界ですね。
この歯科医院も看護師さんたちには笑顔があり言葉使いもとても丁寧です。
歯科医師の腕も悪くないようですね。
もう1軒、近くに歯科医院があったんですがずっとシャッターが閉まったままになっています。
どうやら潰れてしまったみたいです。
ここの歯科医院は1回受診すると何時までも治療を続けると評判がよくありませんでした。
都会では歯科医院も競争になっていますから厳しいですね。
歯科医院で患者がすわる台はけっこうな値段がすると聞いたことがあります。
レントゲン装置も一式いりますし、新規開業するにはかなりまとまった資金が必要です。
一般の病院も同様ですね。
医学は日進月歩していますが、それには高額な医療機器が必要です。
1台億単位の機器もあります。
例え機器をリースにしても患者が集まらないことにはどうしようもありません。
病院も倒産する時代なんです。
精神科、心療内科はその点心配がいりませんね。
個人医院なら設備投資はほとんどゼロですし、患者は増加し続けています。
50年くらい前でしょうか、その頃は精神科医になるのは親が精神病院の経営者か、よほどの変わり者だったようです。
治療法は今は廃止されたロボトミーの手術ぐらいしかありません。
精神病院は窓に鉄格子が施された患者の収容施設だったのです。
一旦発病して入院するとそのまま病院の中で一生を終えるのですね。
男性の看護師は精神病院に就職するのが通例でした。
それに比べると今は格段に進歩しました。
うつ病の原因が脳内物質の不足によるものだと解明されたことは偉大な発見ですね。
抗うつ薬も毎年のように新薬が発売されます。
ただ他の診療科と比べるとやはり遅れているのではないでしょうか。
投薬してもその効果を調べる検査を実施することができません。
理論はありますが、リフレックスで実際に私の脳に何が起こっているか、知る術はないんですね。
医師は問診や患者の表情を診て経験と勘で判断するしかありません。
こんな診療科は他にはないでしょう。
将来はセロトニンやノルアドレナニンの脳内量を計測できる機器ができるんでしょうか。
これができれば患者にどの抗うつ薬が合うのかも一目でわかります。
それまで私が生きているかどうかは微妙ですね。
リンク「本の海漂流記」に新野哲也「日本は勝てる戦争になぜ負けたのか」の評を載せました。
よろしければご一読ください。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/08/24(土) 19:34:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<今朝も起床4時 | ホーム | 漂泊の民>>

コメント

こちらも雨でしたね

というか大雨だったようです。私は寝ていましたけど。
昨日は午後に歯科→内科→整形外科とハシゴしました。忙しいというか虚しいですね。
内科と整形外科が混んでなかったのが救いでした。
歯科は同級生が開業しましたが、歯医者は儲からないが口癖でした。よく開業したと思います。
おかげで私も患者として通っているわけですが。歯医者は腕次第ですね。
内科や歯科は過当競争なのではないかと思うほどたくさんあります。評判の良いところに行きたいですね。
心療内科・精神科は確かに設備投資が必要無いですね。
治療結果も数値で出ませんのでアバウトでアナログな世界です。
それだけに医師との信頼関係が他科に比べて非常に重要だと思います。
  1. 2013/08/24(土) 22:07:37 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

医者との相性があると・・・

主治医の大切さ。
私にはホームドクターが一人います。
その先生のお父さんの代からの医院・先生(呼吸器内科、内科)。
近所にも内科はありますが、風邪引いた時の薬の処方が違います。
近所の内科の先生も悪くはないのでしょうが、抗生物質の見立てがあいません。
抗生物質でも種類がいくつかあるので、合わないと効きません。
風邪ごときに何日たっても治らない事が数回ありました。
すると1時間かかるのですが長年通っていた主治医のところに行きます。
主治医の先生はいつも一発で合う薬を処方してくれるんですよね。
不思議ですよね。

先生に「先生の処方する薬は効きます」と言いますと、「そう言っていただけるとこちらも嬉しいです。相性があるみたいで、患者さんによっては症状にぴったりの薬を処方しても全く効かない場合もあるんですよ」と。

思うのですが、患者が待合室に入っただけで、「自分の先生は必ず治してくれる。ぴったりの薬をいつもくれる」と確信していると、待合室に到着したと同時に、
治ったも同然なのだと思います。

また別な先生ですが、こちらは獣医さんですが、「待合室に入っただけで治ったように感ずるのは脳内ホルモンの影響と思います。まだ病気は治ってないのですが、あたかも治ったような体調になるのですね」と。
すると薬も効きやすいし、体も楽になるし、先生も笑顔になるという訳です。

横浜、今朝は雨が降って、朝方は凄く涼しくなりました。
暑さはとうとう緩んできたのかな。名古屋はいかがでしょうか。

本の海漂流記に拙い感想文のようなものを書きましたが、
めちゃくちゃな内容ですみません。
  1. 2013/08/25(日) 13:10:41 |
  2. URL |
  3. medical_rod #-
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

西日本は大雨だといってニュースでは大騒ぎですよ。三次線の線路の路盤が流されたとか。こおろぎさんのところは無事なようでなによりです。
私も出かけるというと医者が多いですね。やはり歯医者はもうからないんですか。多分、保険外診療の患者を確保しないと採算が取れないんでしょう。歯科、外科は本当に腕しだいですね。歳をとるとつらい仕事です。
心療内科・精神科は医学の中でも特殊な世界です。うつ病にしても3カ月で完解する患者がいる一方、私のように6年たってもよくならない患者もいます。どうしてこの違いが生まれるのか、医師にもわからないんですね。おっしゃるとおり今時珍しいアバウトでアナログな世界です。信頼関係のない医師には病状を素直に話せないでしょう。聞き上手な医師に治療してほしいですね。
  1. 2013/08/25(日) 15:19:57 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

medical_rod 様

医師と信頼関係があると薬もよく効くと思いますし治療効果も高いでしょう。medical_rod さんはホームドクターを信頼していますから獣医さんが言うように脳内ホルモンがいい方向に変化しているんだと思います。プラシーボ効果と言って偽薬を飲ませても30%の患者は症状が改善されるんです。病は気からと言いますが本当なんですね。私の伯父は内科医で私は生まれた時から診てもらっています。ですから伯父に診てもらうと非常に安心します。今の精神科医も悪くはないんですが、完全には信頼しきれていません。かといってどこに転院すればいいかもわからないのです。精神科は難しいですね。
名古屋も雨が降って気温が下がりました。これで猛暑が終わるといいですね。「本の漂流記」コメントありがとうございます。早速見てみます。
  1. 2013/08/25(日) 15:39:36 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1525-c206ea16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。