うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

睡眠が不調

ここ4日間ほど睡眠の状態があまりよくありません。
まず夜中の2時半に目が覚めます。
それから3時半、4時と3回くらい中途覚醒があります。
眠りは浅いですね。
今日は特によくありませんでした。
2時半に目が覚めた後、夢を見ては何回も目が覚めるのです。
2,30分おきに目が覚めていたでしょうか。
夢が悪夢でないのが救いですね。
私は覚えている限り生涯で一度しか本当の悪夢を見たことがありません。
退職して半年以上たちましたが、今頃になって仕事の夢を見ます。
それも仕事に行き詰まっている夢です。
冷や汗をかいたり特に嫌な思いはしないのですが、愉快ではありません。
今朝は結局3時50分に起きてしまいました。
まだ朝刊も配達されていません。
パジャマを着替えてしばらく自分の部屋で呆然としていました。
朝食をとったのは5時すぎです。
まだ外は真っ暗ですね。
朝刊は読むのですが夕刊は読まない日が多くなりました。
夕刊はやめてもいいと思います。
国家秘密保護法案の記事がいろいろ出ていますがあまり関心が持てません。
罰則を厳しくしようと機密は漏れる時には漏れるんです。
厳しい法律があって特高と憲兵隊がいた戦前にもドイツ人ゾルゲのスパイ事件がありました。
ゾルゲのもたらした情報によってスターリンは日本軍のシベリア侵攻はないと判断し、シベリア兵団を対ドイツ戦線に移動させたのです。
ゾルゲは死刑に処せられましたがソ連邦英雄となっています。
現行の法律でも国家公務員や自衛隊員には守秘義務が課せられています。
こんな法律を新たに作るよりも情報機関を設置して各省庁が持っている情報を統合整理した方がよほど有益でしょう。
でも日本のことですから情報機関は各省庁の寄り合い所帯となり、派閥抗争が起こってうまく機能しない可能性が大です。
そういう点、アングロサクソンは天性の情報収集者ですね。
太平洋戦争が始まって日本は英語を禁止してしまいますが、アメリカは日本語の教育機関を作り情報収集に努めています。
日本の外交暗号は戦前から解読されていましたし、海軍暗号も解読されます。
それがミッドウェー海戦の悲劇に繋がるんです。
最近、アメリカがドイツのメルケル首相の携帯電話を盗聴していたことが暴露されました。
でもたまたま表沙汰になっただけで似たようなことはずっと一貫してやってきたに違いありません。
情報戦で勝利することがどれだけ国家に有益か、熟知しているんです。
その点、日本は相変わらず子供みたいなものです。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/11/24(日) 17:30:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<来週は医者通い | ホーム | たまにはワインでも>>

コメント

エシュロンで全部筒抜けなのに

アメリカには全て筒抜けで情報を提供し、自国民には大切なことを知らせない。何が大切かも知らせない。
知ろうとしたら罰せられる。という売国奴の法律ですね。
私がブログに原発の燃料の輸送情報や、実際の稼働状況をのせただけでしょっ引かれるでしょう。
はだしのゲンでお父さんが特効に連行される場面がリアルに再びやってくるのでしょうね。
普段から反体制的な言動の目立つ私はアメリカに入国拒否されるかもしれません。行くこともないでしょうが。
そういえば絶対に海外旅行に行ってやると意気込んで取得した10年のパスポートはもう期限が切れたのでは……。
死ぬまでに1度は海外へ行きたいのですが。スイスや北欧、イタリア、大英博物館やルーブル美術館にも行ってみたいです。
ツアーは嫌いですが、バックパッカーをやる年齢でもありませんし、そんな気力もありませんし。
1度ツアーで行ってみると気持ちが楽になって行きやすいのかもしれませんが。
  1. 2013/11/25(月) 01:09:31 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

確かにエシュロンで全部筒抜けですから秘密もへったくれもあったものではありません。敗戦以来、日本は事実上アメリカの属国です。田中角栄のように勝手に日中国交回復をするとロッキード事件で失脚させられます。海上自衛隊の護衛艦は米第7艦隊を敵潜水艦から護衛するのが任務です。
海外はいいですね。ツアーはやはり面白くないそうです。つるんだ土産物屋へ強制的に連れて行かれます。私も死ぬまでに一度は行きたいのですが一人は心細いのでなかなか実現は難しいです。
  1. 2013/11/25(月) 08:30:48 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1620-5a6b0f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。