うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

のっぺらぼうな時代

以前の日本にははっきりとした四季がありました。
筆者の子供時代もそうです。
夏は1台の扇風機、冬は炬燵と小さなガスストーブで暑さ寒さをしのいでいました。
農作物もその季節にとれた物しかありません。
果物だと今の時期、葡萄は店頭になかったと思います。
りんごとみかんが並び始めた頃でしょうか。
祝祭日は店も多くが休んでいました。
家々の門には国旗が掲揚されています。
今のように祝祭日が移動することはありません。
体育の日は10月10日と決まっていました。
この日が運動会という小中学校も多かったと思います。
当時、運動会は親も見に来ていました。
小さな村などでは村の一大行事だったのではないでしょうか。
昼食は海苔巻きが相場だったと思います。
もちろんコンビニなどあろうはずもありません。
全部母親の手作りです。
昼休みに校庭にゴザを敷いて親子で昼食を食べます。
当時の給食は非常に不味いものでした。
牛乳はクリームの搾りかすを湯で溶いた脱脂粉乳です。
これを薄っぺらいアルミの容器に入れるのですが、表面に膜ができます。
これがすごく嫌で取り除いてから飲んでいました。
味云々よりも子供に栄養をつけさせるのが第一でした。
肝油のゼリーなども食べさせられましたね。
あれは一体どういう成分からできていたのでしょう。
これも子供が喜んで食べるようなものではありません。
滋養強壮食ですね。
不味い給食ではなく親の作った弁当が食べられるというのは楽しみでした。
正月も今とは全然雰囲気が違っていました。
本当に「ハレ」の日だったのです。
ただでさえ少ない自動車もほとんど走っていません。
店も工場も皆休みですから街中がシーンとしていました。
大晦日はほとんどの人が紅白歌合戦を見てから眠ります。
1月1日の朝は雑煮でした。
餅は米屋がついたものを1枚ごと買ってきます。
これを家で切り分けて食べるんです。
街中でも空き地がありましたから男の子は竹と和紙で作られた凧を揚げました。
今は正月でもコンビニを始め多くの店が開いています。
凧を揚げる子供もいなくなりました。
何時もと違うのはテレビが正月用のバカ番組を延々と放送していることぐらいです。
私は年賀状を書いていますがこの習慣もメールやフェイスブックに変わってしまうのでしょう。
春や秋もなくなりつつありますし、のっぺらぼうな時代ですね。
リンク「本の海漂流記」に武光誠「宗教に揺さぶられた日本史」の評を載せました。
よろしければご一読ください。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/12/02(月) 17:19:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<中国の防空識別圏 | ホーム | 小康状態>>

コメント

メリハリがない

1年中毎日消費を推進するため、休みの日がなくなってしまいました。
スーパー→郊外大型店→コンビニと進んで365日同じ日がやってくるようになりました。
昔はお正月は1週間くらいお店は休みでしたね。お盆も休みでした。日曜祝日も休み。それが当たり前でした。
人工的にハレの日ばかりにしてしまった結果がこれです。
人間の時間は限られていますから全てに同じように手を付けることはできません。
ネットをすればTVは見られないし、読書もできません。ゲームもスマホでできるお手軽な物ばかりになりました。
かく言う私も百貨店で大晦日まで働かされたために年賀状が出せなくなりました。
年賀状を書く時間とお金はなくなり、メールやSNSで済ませるのでしょう。私はそれすらしませんが。
とにかく365日24時間キッチリ詰め込まれて余裕がないんです。
便利なことが幸せとは関係ないと気づいているのに、それを止めることができないんです。どんどん不幸になりますね。
  1. 2013/12/03(火) 01:27:45 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

確かに消費を促進するために年中無休にしたのでしょうが、ほとんどの店がそうなると消費が分散するだけだと思います。私はネットが普及する前にパソコンのゲームをプレイしていましたが手の込んだものでした。スマホのお手軽ゲームとは異なるものです。年賀状は日本の文化の一つだと思いますがやがてそれも滅びていくのでしょう。先日、若い女性が車の往来の激しい道を渡りながらスマホをやっていました。電車の中でも前の席の若者全員がスマホを手にしています。スマホに隷属して自由を奪われているのに抜け出せないんですね。彼らに青春の思い出はあるんでしょうか。「便利なことが幸せとは関係ない」というのは同感です。極端な話ですが本当に幸せなのは自給自足民じゃないかと思うんです。現代にあっては不可能な話ですが。どんどん不幸になるのに本人たちはそれに気づかない。「SFの90%はくず」と言われましたがネットの情報も90%はくずです。くずに埋もれた人生。考えたくない未来ですね。
  1. 2013/12/03(火) 08:43:34 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1628-8bddf37f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。