うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生きている意味

これからの人生をどう過ごすか、考え込んでしまう時があります。
私は昔から現実よりも空想の世界の方に惹かれます。
子供の頃から外ではあまり遊ばず本の世界にどっぷりとつかっていました。
「クマのプーさん」や「メリー・ポピンズ」「ドリトル先生」などが心の友だった訳です。
パソコンが登場する前はボード・ゲームに熱中していました。
プレイするのは第二次世界大戦の戦闘をシミュレーションするゲームばかりです。
プレイにも時間がかかりますが、準備も必要です。
史実を忠実に再現しているゲームですから、戦史もある程度知っておかなくてはなりません。
厚紙のボードには地形や道路、街などが描かれていて六角形のマスで仕切られています。
そこにこれも厚紙で作られた戦闘部隊や戦車、野砲などを並べて戦闘を開始します。
勝敗の結果はサイコロを振って出た目で決定します。
私が大学を卒業した後には各大学でシミュレーションゲーム・クラブができたようです。
私が在学中にはそういうクラブはなく、同好の士もいませんでした。
ですから一人で敵味方両方の役をこなして厚紙の駒を動かし遊んでいました。
歴史を再現するためルールは結構複雑になりますから、習熟しないとゲームは進行しません。
初期のパソコンはネットとは無縁、スタンドアローンです。
ボードのシミュレーションゲームを移行させたようなパソコンゲームが発売されていました。
これにも熱中しましたね。
ちょうど寝酒を飲み始めた頃です。
1杯飲みながら作戦を考えるのが楽しみだったんです。
それがファミコンのドラクエになり今はオンラインゲームになっています。
やはりどうしてもドラクエ10がプレイしたくて今日は朝からずっとパソコンを操作していました。
最初の段階はクリアできますが本体のソフトがどうしてもインストールできません。
手を変え品を変え試してみます。
ようやく16時になってインストールに成功しました。
ところがゲームをプレイしようとしてもキャラクター未設定でエラーになってしまいます。
今のところどうしたらよいのかわかりません。
いきなり最初でつまずいてしまいました。
でも考えてみると虚しいんです。
私は買い物や読書、音楽鑑賞はできます。
しかし5年前父親が亡くなった時にはまったく悲しみを感じませんでした。
喜怒哀楽の感情が死んでいるんですね。
それは今も変わっていません。
うつ病にかかってから7年になりますが、その間一度も本当に笑ったことはないんです。
何かを自ら作ろうという意欲も失せたままです。
このままゲームで時間を潰して人生を終わるのでしょうか。
途中波はありましたが現在の私の状態は7年前休職に入った時とほぼ同様です。
投薬治療の成果はゼロなんですね。
恐らく死ぬまで寛解することはないでしょう。
もう働くこともできませんし、一体何のために生きているのかわからなくなるんです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2014/03/01(土) 17:25:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<梅の花が満開 | ホーム | 2回目の転医となるか>>

コメント

うつ病の治療法をあれこれ徹底的に調べ
まくったほうがいいと思います。たとえば
セントジョーンズワートというハーブは
うつ治療に効果があります。ただし、SSRI
を服用している場合はSSRIをやめてから
ですね。同時に服用するとダメなんです。

生きる意味。私も考えてます。
「生きがいについて」
神谷 美恵子 著
みすず書房
この本を読んでます。非常に参考になります。
  1. 2014/03/02(日) 08:39:57 |
  2. URL |
  3. ケンシロウ #b8d8Adv2
  4. [ 編集 ]

ケンシロウ様

貴重な情報ありがとうございます。
最近は読んでいませんが、うつ病にかかった当初はうつ病関係の本をかなり読みました。
医師が書いたものも寛解した患者が書いたものもあります。
またブログ村のブログも100位まで目を通していました。
NHKのうつ病の番組も見ました。
ですから治療法について一応の知識は持っているつもりです。
セントジョーンズワートのことも知っていますが、私が知る限りこれで寛解に至ったという例は聞いたことがないんです。
読んだ本の中では精神科医はこのハーブの効果を認めていないんですね。
現在はSSRI の服用で病状は一応安定しています。
これをやめてセントジョーンズワートに変えるのはかなりの冒険です。
病状が悪化しているのなら考えますが‥。
神谷 美恵子さんのことは知りませんでした。
一度大きな本屋で探してみます。
ケンシロウさんはいろいろ情報をお持ちなんですね。
また教えていただければ幸いです。
  1. 2014/03/02(日) 11:24:17 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1720-e202e3f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。