うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大学の同窓会

少し前になりますが、大学の同窓会に出席しました。
この近辺に住んでいる同窓生とは年に1回ぐらい飲んでいます。
一人、銀行を退職して第二の人生を送っている同窓生が何時も主催者です。
学生時代にはけっこう皆であちこちへ旅行に行きました。
その時も彼が幹事だったように思います。
40年たっても性格は変わらないんですね。
今回は東京在住の女性と大阪の同窓生にも声をかけました。
大阪の同窓生とは学生時代時代かなり親しくしていました。
二人ともロックが好きで趣味が一致していたんです。
彼はこの前のローリング・ストーンズの大阪公演に行ったそうです。
元気ですね。
隣のクラスの3人にも声をかけ、総勢8人が集まりました。
大学の同窓生たちは不思議なことに皆髪型も体型もほとんど変わらないんです。
クラスで唯一の女性は58歳になるんですが、学生時代とまったく同じ髪型をしていました。
こういう例は珍しいですね。
高校の同窓会では大きく変わってしまって誰だかわからない同窓生がかなりいたんですが。
一昨年膵臓ガンで亡くなった同窓生の話になりました。
彼は富山出身で北陸の銀行に就職しています。
郷里に帰った訳です。
私は知らなかったのですが3人の同窓生は葬儀に出席したそうです。
私がうつ病であることを知っていたので声をかけなかったのでしょう。
「人間死んだらおしまいだ。
生きているうちに会っておこう。」と大阪の同窓生が言います。
私は現役入学ですが、浪人した同窓生はもう60です。
40代の頃は死というものは他人事でした。
でもそうも言ってられない歳になったんですね。
四国の愛媛に一人同窓生がいます。
卒業以来、年賀状はやりとりしていますが、誰も一度も会っていません。
大阪の同窓生が私に四国へ行こうとしきりに誘います。
退職前はこういう席でもほとんど自分から話をしませんでした。
今はうつ病になる前とほぼ同様に話すことができます。
「もう治ったのか」と尋ねられました。
「まあ大体は」と答えておきます。
双極性障害の友人とは詳しく病状を話し合いますが、普通の人はうつ病のことを知りません。
無難な答えになります。
それにしても酒は飲めなくなりました。
ビールを小ジョッキで2杯飲んでから今流行りのハイボールを頼んだんですが、ほとんど残してしまいました。
帰宅は22時半です。
やはりちよっと疲れましたね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2014/03/31(月) 17:03:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<進歩した病院 | ホーム | 母親が再入院>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1747-4faefd93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。