うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生きいきとした高齢者

昨日の午後は老人クラブの麻雀会でした。
麻雀を打っていると皆まったく歳を感じさせません。
後期高齢者の人も多いはずなんですが、生き生きとしています。
声だけ聞いていると同世代かと思ってしまうのです。
私は昨日も散々な目にあいました。
恐らく皆さんは50年以上の麻雀歴を持っているのでしょう。
私が昔やっていた学生麻雀などほんのお遊びです。
彼らは違うんですね。
真剣勝負で鍛えられています。
麻雀は頭脳をフル回転させます。
ボケ防止にこれほど効果のあるゲームもないでしょう。
将棋や囲碁もいいんですがこれらは本当に理詰めの勝負です。
神様が味方をしてくれるということはないでしょう。
麻雀にはそれがあります。
ついている時ははっきりと自分に風が吹いているのがわかります。
この風を捕まえて離さないことが勝負の秘訣です。
ですから普段弱い人や麻雀歴の浅い人でも大勝する時があります。
かといって競馬や競輪のように人任せの勝負に賭けるのとは違います。
合理的な打ち方というものはちゃんとあるんです。
ただ時としてひらめきや勘がさえわたる瞬間があります。
相手が自分より合理的に打っているのにひらめきに頼って勝ってしまう。
だから下手な人でも止められなくなるんです。
大学時代、一緒に麻雀を打っていた同窓生にこの話をしました。
「金を賭けない麻雀なんやる気になるのか。」と同窓生は言います。
確かに昔の感覚ではそうでした。
でも今は皆リタイアしてたくさんの時間があります。
例えお金を賭けていなくても真剣になれるんですね。
負けてもお金を払うことはありませんが悔しいのは一緒です。
ただちょっと不安があります。
去年までは麻雀の段位を持つ顔の広い女性がずっとこの麻雀会の幹事を務めていました。
でもこの女性は83歳です。
元気なことに変わりはないんですが、後継者を育てるため幹事を辞任しました。
現在は別の2人が幹事と副幹事を引き受けています。
名簿の順に幹事・副幹事がまわってきます。
6月からは私が役員なんですね。
全然顔がありませんから幹事はもう一人の高齢者の人に引き受けてもらおうと勝手に思っています。
麻雀は4人1組ですからメンバーをきっちりと集めるのはけっこう大変なんです。
できたら私は副幹事にしてもらって、パソコンのエクセルで点数集計をやりたいんです。
今は誰もパソコンができないようでノートに点数を書いて手で計算しています。
エクセルで処理すれば毎回皆に点数のわかる順位表を渡すこともできます。
今は一々幹事に尋ねないと自分の点数や順位がわかりません。
これはかなりの進歩だと思うんですが。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2014/04/11(金) 17:09:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<豪雪が良質の水を生む | ホーム | 弟が久しぶりに家へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1758-91b617bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。