うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緊迫化するウクライナ情勢

昨日は30℃近い気温でまるで初夏のような陽気でした。
それが今日は一転、昨日より8℃も気温が下がっています。
山中の盆地では10℃も下がったところもありますから体温調節が大変ですね。
先ほどから雨も降りだしました。
天候がめまぐるしく変化します。
昔もこういう風だったんでしょうか。
春はもっと穏やかな日々が続いていたように記憶しているんですが。
ウクライナ情勢がますます緊迫化しています。
大統領選挙では親EU派の実業家ボロシェンコ氏が当選しました。
しかしウクライナ東部の情勢は混沌としています。
彼がウクライナ全土を掌握できるかどうか、定かではありません。
最初に断っておきますが、ウクライナは主権国家でありロシアの一連のウクライナへの介入は許しがいことだと私は考えています。
決してロシアを擁護するつもりはありません。
ただロシアを非難するだけではどうしてこのような事態になっているのか理解できないでしょう。
マスコミもこの点について踏み込んだ分析をしていないようです。
ロシアのプーチン大統領は日本の首相のような世襲のボンボンとは程遠い人物です。
彼はKGB(カーゲーベー)、旧ソ連の秘密警察の出身です。
日本にも戦前、特高という警察組織があり、左翼運動を弾圧していました。
KGBは日本の特高とは比べ物にならない巨大で強い権力を持った組織でした。
軍隊のように強力に武装した集団も保有していたのです。
旧ソ連は共産党、赤軍、KGBの三権分立によって支えられていたんです。
中でもKGBは常に権力闘争の渦中に身を置いていました。
プーチンはソ連崩壊後、そこから数々の修羅場をくぐり抜けて現在の位置にあると思われます。
頭は剃刀のように切れるでしょうし、己の権力の維持には非常に敏感なはずです。
そういうプーチン大統領がヨーロッパ各国やアメリカの反発を十分承知した上でウクライナ情勢に介入しています。
これは地理と軍事のいわば地政学的な問題でしょう。
最初にロシアが編入を強行したセバストポリはロシア黒海艦隊の基地を有する戦略的要衝です。
ロシアがセバストポリを失えば黒海の制海権も失われ、中近東に対する軍事的プレゼンスが一挙に低下します。
1853年に英仏とロシアが戦ったクリミア戦争でもセバストポリは激戦地となりました。
スターリンはセバストポリの重要性をよく認識しており、第二次世界大戦前に半島全体を要塞化しています。
ここを失なえばロシア軍はプーチン大統領に対して大きな不満を抱きます。
それを防ぐためにもセバストポリの編入強行が必要だったんですね。
ウクライナ東部はどうなんでしょうか。
ウクライナ東部にハリコフという交通の要衝となっている都市があります。
ここは第二次世界大戦でドイツ軍とソ連軍が死闘を繰り広げたところです。
ハリコフから北へ鉄道がモスクワまで通じています。
ハリコフを確保すればモスクワを南から衝くことができるんですね。
ウクライナ東部が親EU派の手におちるとモスクワは西と南から十字砲火を浴びる形になってしまいます。
もちろんすぐにそうした戦争が起こる訳ではありません。
しかし親EUのウクライナ政権がその東部に兵力を置く可能性があるというだけでロシア軍首脳は防衛戦略を見直さなくてはなりません。
バルト海沿岸のリトアニアとラトビアもEUに加盟しましたがロシアは何も介入していません。
この両国がEUに加盟しても軍事上はさしたる脅威とはならないからです。
バルト三国のうち最も北に位置するエストニアはEUに加盟していません。
エストニアがEUに加盟するとサンクトペテルブルグの防衛が危うくなります。
エストニアに対してはロシアの無言の圧力があったと想像できます。
大半の日本人は世界は政治と経済で動いていると思っているかもしれません。
しかし軍事と宗教も政治経済と同様に世界を動かす大きな要素の一つなんですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2014/05/26(月) 17:44:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日は29℃ | ホーム | 温厚な主治医>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1805-56fb5c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。