うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おかしな集団的自衛権の論議

集団的自衛権について盛んに論議が交わされています。
私は政治にはあまり興味がありません。
最近は一応選挙には行っていますが特に支持する政党もないんです。
ただ集団的自衛権の問題については考えるところがあります。
自衛隊と憲法第9条の問題もそうですが、議論の組立、道筋自体が間違っていると思うからです。
自民党の幹部は「集団的自衛権は世界中の国が持っている。
持っていないのは日本だけだ。」と発言しています。
それは事実そのとおりでしょう。
集団的自衛権がなければ国家として同盟を結ぶことができません。
独立国同士が同盟を結ぶ時は軍事的にも対等な立場にたちます。
これは当たり前のことですよね。
A国が軍事的にB国の上に立つような同盟を結べば、実質的にはB国は独立を半ば放棄してA国の保護下に入ることになります。
日本人は忘れているかもしれませんが、日米安保は片務条約です。
アメリカは日本を防衛しますが、日本はアメリカの防衛にはあずかりません。
つまり軍事的に見れば今でも日本はアメリカの属国なんですね。
そういう国が集団的自衛権を行使すると言いだしている訳です。
なんだかとても矛盾した話だと思いませんか。
もう一つあります。
確かに世界中の国々が集団的自衛権を持っているのは事実でしょう。
しかし権利を持っているのと、それを行使するだけの能力があるというのは別の話です。
多くの開発途上国や小国には国外で軍事力を展開する能力がありません。
軍事力を展開するためには兵站補給が不可欠です。
これはかなりの経済力がないとできないんです。
多国籍軍の一員となった時は別です。
そういう事態になればアメリカを始めとした大国が補給線を確保してくれます。
世界の多くの国の軍隊は国内の治安維持や国境警備が任務なんですね。
日本は経済力がありますから海外で軍事力を行使できるだけの能力があります。
ただそういう事態になった時は政治的かつ外交的、軍事的に高度な判断が求められます。
今の日本の政治家にそういう判断能力があるでしょうか。
私はないと思います。
自民党の主要メンバーは世襲のボンボンですし、民主党は党内意見をまとめることすらできません。
もう一つ重要な問題があります。
日本の情報収集能力です。
アメリカはドイツ首相の携帯電話を盗聴までして情報を集めています。
また米英を始めとするアングロサクソン諸国は秘密裏にエシュロンという情報収集組織を作り電子情報などを収集しているそうです。
日本には自前の情報組織がありません。
情報はほとんどアメリカに頼っているというのが現実だと思います。
そんな国が集団的自衛権を持ってどうするのか。
まずは独自の情報収集網を構築するべきでしょう。
太平洋戦争が始まると日本は敵性言語だとして英語を禁止してしまいました。
一方アメリカは語学の才能のある若者に日本語教育を開始します。(ちなみにその若者の一人がドナルド・キーン氏です。)
情報収集のためにはなりふりかまわないんですね。
抽象的な議論をする前に日本の国家的能力を見つめなおすべきだというのが私の意見です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2014/06/01(日) 17:09:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<品揃えのいい酒屋を発見 | ホーム | 気分は低調>>

コメント

軍事に詳しいオモダカさんが説明してくれると、自分が間違ってなかったと思っちゃったり。自衛権に9条の話をえろい人がしているのが、支離滅裂で破綻してるように思えて。
日本国は、戦争及び他国への軍事行動をしないことで、一種の敬意を受けてきたと思います。色々これについては、話したい!ところですが、おやすみなさい~
  1. 2014/06/01(日) 23:06:27 |
  2. URL |
  3. えふうさぎ #debfvaqk
  4. [ 編集 ]

えふうさぎ様

えふうさぎさんが言われるように日本が戦後、軍事行動を取らなくなったことは世界各国、特にアジアの国々に安心感を与えました。
それが佐藤元首相のノーベル平和賞受賞につながったのだと思います。
これは彼個人ではなく日本という国に与えられたものでしょう。
ただ日本の潜在的な軍事能力は今でもアジアでナンバー1だと思います。
これに対抗できるのはアメリカだけですね。
政治家はこのことをよくよく考えて行動するべきでしょう。
  1. 2014/06/02(月) 06:15:35 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1812-d9747e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。