うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「リア充」とはほど遠い生活

今朝も不調です。
夜中の3時に蒸し暑くて目が覚めてしまいました。
朝になって窓を開けると涼しい空気が入ってきます。
でも何故かわかりませんがこの時は蒸し暑く感じたんです。
かけ布団を薄い物に替えてもう一度眠りました。
ところが30分おきに目が覚めます。
5時半まで眠ったことは眠ったんですが、こんな睡眠では疲労が残ります。
午前中は雨です。
離れたスーパーへの買物は中止。
近所のコンビニで昼食と夕食の食糧を買いました。
最近は夕食の1杯のビールのつまみをどうするか、これが一番の関心事です。
今日は成城石井で買っておいたイワシの煮付けに野菜スティック、枝豆という献立です。
毎日、朝からこれを考えている訳です。
医者に通うことと老人クラブの麻雀会以外、ほとんど用事はありません。
いわゆる「リア充」とはほど遠い生活です。
一方ドラゴンクエスト10の中ではいろんな出来事があります。
大きな目標を達成したり、逆に強敵の前に全滅するという悲惨な結果を招いたり。
今の生活ではゲームの中の世界の方がはるかに充実しているんですね。
過去ドラゴンクエストは2から8までプレイしました。
8まではオフラインのゲームです。
非常によくできているんですが、オンラインゲームとは違う世界です。
1本のシナリオがあってそのシナリオ通りにゲームが進行します。
私はドラゴンクエスト10で非常に大きな2つのバグを経験しました。
オフラインゲームにはバグはありませんが、ゲームは定型通りにしか進めることができません。
その点、オンラインのドラゴンクエスト10は自由度が高い。
ゲームの中で人生を選択することが可能です。
自分の趣味を持つこともできるんですね。
最初は戸惑いましたが、システムがわかってくると楽しくなりました。
アメリカのロールプレイングゲームはもっと自由度が高いそうです。
ドラゴンクエスト10は選択の幅はありますが、エンディングは決まっています。
これがアメリカのゲームではアウトローのまま一生を終えたり、趣味人としての人生をまっとうするだけということが起きます。
やはりアメリカは何よりも個人の自由を尊重するのでしょう。
アメリカでは日本のように国民全員が健康保険に加入するという制度がありません。
貧しくて保険に未加入の状態で大病を患うと破産するしかないという悲惨な結果が待っています。
それでも政府が国民皆保険制度を提案すると反対の声が大きく上がります。
健康保険へ加入しないという自由を奪うという意見を持つ有権者も多いんですね。
銃の規制もそうです。
大きな乱射事件が起こると銃規制の議論が高まりますが、規制に反対する声も大きい。
日本のマスコミは全米ライフル協会が政治家を動かして反対させているという風にとらえています。
しかし1民間団体だけで世論を大きく動かすことはできないでしょう。
武装するのは市民の権利だと考える人が多いというのも事実だと思います。
秀吉の刀狩りと一緒で武器を奪われた市民は悪政をしく政府にも従属せざるを得なくなります。
万が一独裁者が政権を握ったような場合には武装した市民が立ち上がれる権利を確保しておきたいんですね。
お上の前に従属的な日本人とは考え方が根本的に違うということです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト
  1. 2014/06/22(日) 16:57:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<母親が救急車で搬送された | ホーム | 先の展望がまったくない>>

コメント

少しご無沙汰です。今日は出勤日でしたが、どうしても行けませんでした。行ってしまえば、家に居るより幸せなのに。 今、ゴタゴタが続き彼女から昨日ゴミにしかならない荷物が数箱届いて。母親もさすがにこれじゃ…と。心が折れる、それが一番よく表す言葉。疲れました。
オモダカさん、薬は解決してくれません。
自分の行きたい所にふらっと行って、気に入れば住み着いちゃう。
薬は何も解決してくれないのよ。
  1. 2014/06/24(火) 12:11:00 |
  2. URL |
  3. えふうさぎ #ABWugjTY
  4. [ 編集 ]

えふうさぎ様

どうしても出勤できない日は私もありました。
えふうさぎさんは家にいても心の平和が保てないようですね。
疲れるのももっともです。
確かに薬では陥ってる状況は変わりません。
「自分の行きたい所にふらっと行って、気に入れば住み着いちゃう。」
私もこれは考えたことがあります。
今の家に住んでいても近くに友人がいる訳ではありません。
北海道へ移住するというのは魅力的なんですが、冬の雪対策には相当な体力が必要です。
歳をとると難しいですね。
弟のいる東京でもいいんですが、とてもじゃないが家賃が払えません。
どこかいい街はないかなあと夢想しています。
  1. 2014/06/24(火) 17:14:54 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1833-963e0118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。