うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨の降らない梅雨

今日も朝から晴れています。
梅雨はどこへ行ったんでしょう。
明らかにこの地方の気象はおかしい。
でも昨日まで新聞もテレビもそのことには一切触れませんでした。
今朝の朝刊にようやく「雨が少ない」という小さな記事が出ました。
天候の異常に関しては気象台はとても慎重な態度をなかなか崩しません。
そのためマスコミも話題にしにくいのでしょう。
1998年の冷夏の時もそうでした。
最近、酷暑の夏が続いているので考えられないかもしれませんが、本当にとても涼しい夏だったのです。
さほどエアコンを効かせなくても快適な日々が送れました。
これはこの地方だけでなく東北、北海道も同様でした。
稲作の冷害については日本の農学者たちの熱心な研究もあって品種改良などが進んでいます。
でも稲は元来熱帯の作物ですから限界があります。
私は農業に詳しい知識はないのですが、これだけ低温が続くと米の出来は大変なことになると思いました。
農水省は毎年米の作柄予想を出しています。
その年の夏に出された予想は「やや不良」といったもので、冷害は想定していません。
これは絶対隠していると思いました。
マスコミだって馬鹿ではないんですから異常気象の結果については予測していたはずです。
でも何も報道しなかったのです。
天候が回復すれば米の出来もよくなると思ったというのは言い訳でしょう。
そういった状況が9月初旬まで続きました。
でも米の収穫が始まるともう情報を隠しておくことは不可能です。
東北、北海道を中心に米の出来が大きな打撃を受けていることが明らかになります。
ひどい地区では例年の半分程度しか収穫量がなかったと思います。
農水省は慌てたでしょう。
冷害は事前に予想できたのに発表しなかったのは米の買い占めを恐れたためと思われます。
情報操作にはマスコミも加担していました。
日本全土の作柄がひどくて翌年の米が十分に供給できないと判明すると大騒ぎになります。
結局、東南アジア等から米を緊急輸入してしのぎました。
それでもスーパーには日本米が並んでいました。
いわゆる外米は主に外食産業に流れたようです。
この年の冬から翌年の夏にかけてチェーンのカレー屋などで食事をとると明らかに米の味が変だったのです。
日本の官公庁が常に正しい情報を提供していると過信してはいけません。
都合の悪いことについては黙んまりを決め込みます。
それは昔も今も変わらないと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト
  1. 2014/06/25(水) 17:05:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<また救急車 | ホーム | グローバル資本主義恐るべし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1837-7c4f39e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。