うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

集団的自衛権容認すれど行使せず

南九州や関東はすごい雨のようですね。
梅雨の雨はしとしとと降るのが通例でした。
そして末期になると豪雨になります。
それがいきなりのゲリラ豪雨に生まれて初めて見る大量の雹です。
バーで知り合ったお客さんは渋谷で豪雨に遭遇したそうです。
でも池袋では雨は降っていない。
とてもおかしな天候ですね。
私の住んでいる地方は完全な空梅雨です。
雨は2日ほど降っただけ。
あとはずっと晴れ時々曇という毎日。
隣町では節水制限が始まりました。
「降れば土砂降り」という言葉がありますが、まさにそのとおりの事態です。
集団的自衛権の行使容認が閣議決定されました。
いろいろ意見があるようですが、私は集団的自衛権の行使容認自体には賛成です。
ただし実際には行使はすべきではないと思います。
集団的自衛権自体は一種の自然権のようなものでどの国も保持しています。
日本だけが行使を容認しないという特別な理由はないと考えます。
行使を容認することによって外交的カードが1枚増えます。
外交の目的を国際親善だと思う人もいるかもしれません。
しかし国際親善は手段であって外交の目的はあくまで自国の存続です。
日本は極東の端の島国という地政学的に恵まれた位置にあります。
波の荒い玄界灘を超えて軍を送り日本を占領することは中国と朝鮮を征服した元でもできませんでした。
国が滅びたことも異民族の支配を受けたこともない国というのは世界にほとんど例がありません。
ドーバー海峡は狭いのでイギリスはローマ帝国とフランスのノルマンディ公の支配を受けています。
外交上の失敗によって歴史の舞台から消え去った国は数えきれないほどあるんです。
集団的自衛権の行使容認を巧みに利用すれば外交上有利な立場に立つことも可能です。
ただしよほどの事態でない限り実際に行使をしてはなりません。
日本という潜在的な軍事大国が集団的自衛権を行使すれば東アジアの軍事バランスに大きな影響を与えるのは必至です。
日本の政治家も外交官も皆軍事的には音痴ですから、その影響を見極めることはできないでしょう。
第一日本は多くの機密情報をアメリカに頼っています。
アメリカは自国の利益になる情報しか日本には流しません。
そんな情報に頼って集団的自衛権を行使するのはとても危険です。
まず自前の情報網を構築するのが日本防衛の第一歩ですね。
集団的自衛権をさも行使するような顔をして実際には行使することなく外交戦で勝利する。
これが理想です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト
  1. 2014/07/02(水) 17:15:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<久しぶりに気分のよい晩 | ホーム | 仮想電脳空間が現実を凌駕する>>

コメント

こんばんは。梅雨?て感じですね。スコールきた!みたいな降り方だし。
そっかぁ、オモダカさんの話にはナルホドと思ってしまいます。でも、かくぎけってーっにゃに?といつも思ってしまふ。それに、憲法って解釈簡単に変えられるなら、放置国家?みたいな。一応、法律家の娘っ子なんで、気にかかるのだ~(^∀^)ノ
  1. 2014/07/02(水) 20:36:30 |
  2. URL |
  3. えふうさぎ #ABWugjTY
  4. [ 編集 ]

仰る通りです。

いくら、「解釈改憲」を重ねても、敗戦史観、アメリカを中心とする、ヤルタ・ポツダム体制から脱却し、占領憲法廃棄、自主憲法制定、自衛隊を「日本軍」とし、交戦規定を改める、そしてミサイルを搭載した原子力潜水艦を6隻程度、日本の周辺を遊弋させれば、在日アメリカ軍など、不要なのです。
  1. 2014/07/02(水) 22:39:46 |
  2. URL |
  3. ハイデガー #-
  4. [ 編集 ]

えふうさぎ様

確かに梅雨の雨とは思えない豪雨ですよね。
明らかに気候変動が起きていると思います。
閣議決定しても関連法の改正がなされなければ実際の効力はありません。
法の国会審議という歯止めはある訳です。
もし国会が法改正を拒否すれば閣議決定は無意味になりますから。
  1. 2014/07/03(木) 07:29:46 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

ハイデガ―様

自衛隊は国際法上は軍隊ですし、実態も軍隊です。
少なくとも交戦規定は早急に定める必要があるでしょう。
日本近海には米軍やロシアなどの海中ソナーが張り巡らされています。
原潜は音が大きいのでこれに捕捉されてしまいます。
狭い極東海域では静粛性に優れた通常動力の潜水艦の方が有利です。
また老朽化した原潜の処分も大きな問題です。
原潜は長時間潜行して全世界に展開しないと戦略的な意味がないんです。
  1. 2014/07/03(木) 07:45:00 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1844-e40fb960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。