うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

税金・掛金と医療費で年に100万円


先日、このブログに「預金が減っている」と書いたところ、「家計簿をつけるといい」という有益な助言をいただきました。
7月6日から家計簿をつけ始めています。
家計簿はEXCELで作成しています。
EXCELで表のレイアウトや計算式を考え入力するという仕事は好きでした。
EXCEL表の式の設定にまで上司が指示してくることはありません。
見やすくてわかりやすい表ができればそれでいい訳です。
式の設定など自分で自由に工夫できましたから楽しい仕事だったんです。
残念ながらうつ病で3年間休職している間にEXCELは2段階バージョンアップして、ついていけなくなってしまいました。
以前はバージョンアップした時にはマニュアル本を購入していました。
でも予算が削られてマニュアル本がなかったのです。
何かわからない点が出てくると忙しくしている同僚に一々尋ねなければいけません。
同僚の足を引っ張っているようで私としては苦痛でした。
私が持っているパソコンのEXCELは2007です。
これなら何の問題もなく使うことができます。
家計簿を集計してみると以下の点が判明しました。
市民税県民税が2万円、田舎の山林などの固定資産税が23万円、健保の掛金が50万円、年金の掛金が18万円、以上合わせると93万円です。
これに医療費が年に24万円、総計で107万円。
食費と雑費は1日平均約2000円です。
これにはおやつとビール代、夜のカクテル代や食後のフルーツ代も含まれています。
揚げ物は安くてお腹がふくれるので揚げ物中心の食生活にすれば食費は節約可能です。
しかしそれは生活習慣病に直結します。
なるべく多くの種類の食品と新鮮な野菜・果物をとるとこれくらいの食費はかかってしまうのです。
問題は食費ではなくて税金・掛金と医療費です。
パンを安い物に替えたり、ビールを発泡酒に落としたりしても1日に浮いてくるのは100円少々です。
パンとビールは今の日常生活で唯一と言っていい潤いです。
これの質を落として月に3000円程度節約しても、税金と医療費が100万円を超えていては焼け石に水です。
ただ市民税県民税と健保の掛金は25年度の所得を基準にしています。
25年度は働いていないのですが、25年3月の給料と退職金は25年度収入として計上されています。
26年度はそれがゼロになるのでその分は安くなるはずです。
そうすればなんとかやっていけるのではないでしょうか。
これからも家計簿は毎日入力するつもりです。
自分の生活がよくわかってこれはこれで興味深いんですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2014/07/19(土) 17:33:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ジョニー・ウィンター亡くなる | ホーム | 好きな映画ベスト3>>

コメント

健保50万円は高いですね!
来年はかなり安くなるでしょう。
私は国民健康保険で1年で4万円です。
昨年収入0だったので。

  1. 2014/07/19(土) 19:24:48 |
  2. URL |
  3. ケンシロウ #5hDQEwSI
  4. [ 編集 ]

良い習慣

こんばんは。
家計簿をつけるのは良い習慣ですね。私はカミさんに家計簿をつけるよう頼んだのですが、面倒で出来ないとあっさり断られ、25年が経過しました。

取り敢えずは年間のおおよその支出額は把握しているので、今のところ問題は無いのですが、何かを節約しようとか考えた時には、家計簿が役立つでしょうね。
  1. 2014/07/19(土) 23:26:19 |
  2. URL |
  3. パルタ7 #-
  4. [ 編集 ]

ケンシロウ様

健保に50万円も払うとはまったく予想外でした。
これは痛かったですね。
ケンシロウさんは4万円ですか。
私もそれぐらいの額になればかなり楽になります。
またそうならないと生活が困難ですね。
  1. 2014/07/20(日) 07:49:39 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

パルタ7 様

家計簿をつけるのは有益ですが、面倒なのも確かです。
EXCELがなければ私も家計簿はつけていなかったかもしれません。
家計簿をつけると金銭のやりとりだけでなく生活の実態も把握できます。
自分の生活を反省するためにはよい習慣ですね。
言われる通り節約を考える上でも大変有効です。
家計簿はこれからもずっと続けていくつもりでいます。
  1. 2014/07/20(日) 07:57:16 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1864-1f431502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。