うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

下腹部の痛み

うつ病患者で体に痛みを覚える人がいます。
頭痛がするという人が多いようです。
うつ病の本にもそのように書いてあります。
脳内物質に異変が生じている訳ですから、頭痛がするというのはもっともなように思います。
私のうつ病は頭痛ではなく腰痛から始まりました。
その時は腰痛以外の症状は何もなかったのです。
ゆううつ感や不安感は全然感じませんでした。
私は一度重度のギックリ腰を患っています。
ギックリ腰には安静が第一です。
下手に整形外科へ行っても鎮痛剤と湿布薬を処方されるだけで、あまり効果がありません。
でも初めて患うギックリ腰だったので安静第一ということを知らなかったのです。
一人暮らしでしたから自転車に乗って薬局へ行き湿布薬を買おうとしました。
今にして思えば無謀なんですが、ギックリ腰を軽く見ていたんですね。
自転車に乗った瞬間、激痛に見舞われ這うようにして自室へ戻りました。
全治1カ月です。
その後も3年くらい後遺症の腰痛に悩まされました。
ですから腰痛が始まった時はうつ病などまったく頭にありませんでした。
また昔の腰痛がぶりかえしたとばかり思ったのです。
この腰痛は半年近く続きます。
不思議なことに朝は痛いのですが、夕方にはよくなります。
普通は逆なんですね。
おかしいなあと思っていたら、早朝覚醒が始まりました。
仮面性のうつ病だったんです。
ただ腰痛はこの初期だけしか現れませんでした。
ここ1年くらいは下腹部に時々痛みを覚えるんです。
腸の調子はおかしくありません。
またお腹を壊した時の痛みとは違う種類の妙な痛みです。
うつ病の本を読むと胃痛は書いてありますが、下腹部の痛みについては何も書いてありません。
実は昨日も下腹部にこの痛みがありました。
私は毎年秋に大腸の内視鏡検査を受けていますから、大腸に異常はないはずです。
うつ病の症状は人によって様々です。
こういう病気は珍しいですね。
下腹部の痛みのことは精神科医には話していません。
どうして脳内物質の異常が下腹部の痛みに繋がるのか、今の精神医学では解明できませんし、治療法もないからです。
見た目はどこも悪くないのに朝は不調で動けない。
こういう病気はなかなか人には理解してもらえません。
ガンなら皆が心配し同情もしてくれますが、精神疾患は別です。
働いていた時もそうでしたが多くの人が精神疾患患者を気味悪く思うようです。
私だけの経験かもしれませんが、女性にそういう傾向が顕著でした。
病前病後で手の平をかえしたような対応をされたこともあります。
今は確かに孤独ですが、そういう目に会わないだけましなのかもしれません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2014/09/07(日) 17:10:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<朝の不調が消えた | ホーム | 若さは大きな武器>>

コメント

一度、詳しく診てもらった方が良いのでは?内臓関係、どこかが悪いかもしれませんよ…
  1. 2014/09/10(水) 13:17:04 |
  2. URL |
  3. 読者 #-
  4. [ 編集 ]

読者様

ご心配ありがとうございます。
私は2週間に一度、内科を受診し、定期的に検査も受けています。
内科医は消化器に詳しいのですが異常はないとのことです。
また大きな病院で年1回大腸内視鏡の検査も受けていますがこれも異常ありません。
下腹部の痛みは内臓が悪いような痛みではなく、メンタルなものだと感じています。
自立神経が関係しているとにらんでいるのですが、西洋医学では対処が難しいですね。
  1. 2014/09/10(水) 17:05:38 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1915-5ebe5f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。