うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最悪の朝

ここ数日朝は不調でした。
特に今朝は過去数カ月で最悪の状態でした。
起きたのは何時も通り5時です。
昨夜眠ったのは23時半。
これも普段と変わりません。
調子の良し悪しに何の原因も思い当たらないのです。
朝食はとりましたが、自室に戻るとものすごく眠い。
30分ほど眠りましたが眠気はまったくとれていません。
でも何故かもうそれ以上は眠れないんです。
すごく眠いのに眠れないというのはとても辛いですね。
それに加えて心も重く気力は完全にゼロです。
こうした状態が3時間半以上続きました。
9時近くなると回復の兆しが見えてきます。
本当に不思議なんですが、10時を過ぎると何事もなかったかのように平常の状態に戻ります。
10時半にはコンビニへ買物に行きました。
夜には普通の人のように飲みに出かけることも可能になります。
日内変動というのは実に不思議な症状です。
他人には大変理解しにくいことですね。
夜あれだけ元気なら実はなんでもできるのではないか。
そう周囲の人間が考えても不思議ではありません。
うつ病の本は20冊くらい読みましたが日内変動の原因について言及している本は1冊もありませんでした。
うつ病の原因が脳内物質の不足だとすると起床時には脳内物質の量が極端に低下しているということになります。
そしてわずか1、2時間でその量が回復する。
私には医学の知識はありませんが、果たしてこんなことが起こりうるのでしょうか。
常識的に考えて脳内物質はゆるやかに変動していると思います。
日内変動にはきっと未知の原因があるのでしょう。
うつ病は統合失調症などより研究が進んでいますが、それでもわからないことが多いですね。
頭痛など体の痛みを覚える患者も多いのですが、これも原因は不明です。
またかなりの患者は抗うつ薬で寛解しますが、私のように7年間抗うつ薬を投与されていても寛解しない患者もいます。
何が原因でこういう違いが出るのでしょう。
これも全然わかっていません。
抗うつ薬には三環系、SSRI、SSNIなど幾つもの種類があります。
しかしどういうタイプのうつ病にどの薬が有効なのかということも不明です。
私は現在3人目の主治医にかかっていますが、どの医師もかなり適当に抗うつ薬を選択しているという印象を受けました。
唯一言えるのはSSRIなどが有効でない患者には古くからある三環系の抗うつ薬を投与してみるということだけです。
ガンの治療は日進月歩なのに精神医学の歩みはまことに遅々としています。
考えてみるとこれも不思議ですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2014/09/16(火) 17:18:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<一向に改善されない睡眠 | ホーム | バーで見知らぬお客さんと盛り上がる>>

コメント

お久しぶりです

オモダカさん、もう覚えていらっしゃらないと思いますが
ずいぶんと前に何度かコメントさせていただいた
すももと申します。

退職前までは読んでいたのですが
サイトを見失ってしまい
見つけても、最初の記事から表示されて
近況わからず、どうなさっているかと思っていました。

今日、ようやく見つけられて
コメントさせていただきました。


朝の不調、大変ですね。
私もたまにロラメットという眠剤を飲んで寝ると
次の日の朝、オモダカさんほど時間は長くないですがすごく気分が落ち込むことがあります。

なので、眠剤のせいということはないのかなあと
読んでいて思いました。


オモダカさんの文章は相変わらず
味わいがありますね。

特に昔はこうだったという話は趣深く大好きです。

でも、女性の情報収集能力はすごいという記事の
「女性の恋愛感情は微妙なものですから、たった一つの単語の誤りが人生を左右する可能性もあります。」のぐだりは笑ってしまいました。
人生まで左右してしまうんですね(笑)

見つけられて嬉しく、つい長くなってしまいました。

季節の変わり目、どうぞご自愛ください。
  1. 2014/09/18(木) 23:45:24 |
  2. URL |
  3. すもも #-
  4. [ 編集 ]

すもも様

お久しぶりです。
私は就寝前にリフレックスという催眠作用のある抗うつ薬を眠剤と一緒に飲んでいます。
そのリフレックスが朝残っている可能性はあります。
私はうつ病になる前から寝つきが非常に悪く、うつ病になってそれがより一層いけなくなりました。
そのためにリフレックスを併用しているんですね。
リフレックスを夕食後に飲むという手もありますが、そうすると寝つきが悪くなります。
なかなかうまい方法はありません。
私はかって傷ついた過去を持った女性に対し何気なく発した一語でその女性に大変嫌われたことがあります。
人生はいろいろですから同じ言葉でも人によって受け取り方が違うことがあります。
異国の女性の場合、文化、宗教、習慣が異なりますから一層慎重にならないと関係が壊れてしまう危険があると思います。
人間関係は難しいですね。
  1. 2014/09/19(金) 07:27:32 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1926-0d7ddfaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。