うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原因不明の物憂さ

どうもここ数日、昼の具合が判然としません。
朝の調子も良くはありません。
最悪の朝のようにベッドで強い眠気にひたすら耐えて過ごすようなことはありませんが、好調とは言い難いですね。
ソファに座っていることはできますが、ただそれだけでテレビを見ても興味がわかず消してしまいます。
9時を過ぎると眠気はなくなります。
ただなぜか物憂いんです。
これといった原因は思い当たりません。
一番気になるのは半年も前立腺肥大の薬を服用しているのに、前立腺腫瘍マーカーPSAの値が上昇していることです。
正常値は4以下なのですが、私は9.8もあるんです。
ただかかりつけの泌尿器科専門医はさほど心配していません。
父親はこの泌尿器科医にずっと治療を受けていました。
信頼できると思ったのでしょう。
それは私も同様なんです。
母親の体調は徐々に悪化しているのですが、全然気になりません。
うつ病になってから肉親の健康状態に関心が持てなくなっています。
父親が末期の肺ガンだと医師から告知された時もまったく動揺しませんでした。
私のうつ病は発症時からこれといった原因がないんですね。
好調になる時も不調に陥る時も原因がわからないのです。
私は例えコンビニであっても買物に行くのが好きです。
一番状態が悪かった6年ほど前、読書も音楽も駄目だった時でも買物は普通にできました。
ここ3日ほどはその好きな買物も少々億劫に感じてしまいます。
これは非常に珍しいことです。
天気もよくなって秋の青空が広がっているのですが、心はもやもやとしています。
根拠は何もないのですが、何か不安なんです。
やはり寛解への道は遥か彼方ですね。
ただ夕方18時を過ぎると元気になります。
今の精神科医は3人目ですが少々頼りない医師です。
人柄はとてもいいのですが、抗うつ薬についてもあまり詳しくないようなのです。
精神科の専門病院では統合失調症の治療が主だったのかもしれません。
こういうことを相談しても確たる返事は返ってこないでしょう。
ただもう主治医を替える気はありません。
うつ病に関する見識はどの医師も似たようなものです。
3人の主治医は私にはカウンセリングは必要ないという点は一致しています。
特に魔法の薬を知っているということなどありえませんから今の医師でもいいと思うんです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2014/09/22(月) 17:05:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野に埋もれている高度な知識 | ホーム | 夢にうなされ3度も目覚める>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1930-ffa6db2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。