うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今夜は幻の高級魚クエを食べます

今夜は何時もの仲間と先回集まった居酒屋でクエを食べる予定です。
クエといっても知らない方も多いかもしれません。
ハタ科の大型魚でアラとも呼びます。
主な漁場は西日本ですが、なかなか獲れないので幻の魚とも呼ばれています。
最初にクエのことが仲間うちで話題にのぼったのは10年くらい前のことです。
今夜行く居酒屋で飲んでいて「クエというのは大変旨い魚らしい。一度食べてみたい。」と誰かが言いだしたんですね。
地元では食べるのは無理だろうということで、ネットで調べてみました。
すると南紀白浜まで行けば食べさせてくれる宿があることがわかります。
当時はまだうつ病発症前ですから、私は元気一杯で毎年秋に旅行会を主催していました。
コースを調べ皆の日程を調整し旅行代理店で切符と宿を手配します。
当日は会計を務め、代金は全部私が立て替えて支払い、帰ってからEXCELで精算表を作って皆に請求します。
メンバーはおじさんばかり7,8人ですが、気の合う仲間同士なのでとても楽しい旅になりました。
旅館で夕食をとって温泉に入った後でまた部屋に集まります。
地元の造り酒屋で仕入れた濁り酒や珍しい日本酒の発泡酒などを皆で飲みましたが、どれも大変美味でした。
私は日本酒が苦手なのですが、地方の小さな造り酒屋は昔からの製法を守っていい酒を作っているんですね。
ただ生産量が少ないので都会のスーパーや酒屋では売っていないのです。
うつ病になる前は仕事も大変でしたが、楽しいこともたくさんありました。
結局、私がうつ病で倒れたため南紀白浜へは行けませんでした。
しかしこの話を聞いていた居酒屋の大将が我々のために市場で見つけたクエを用意してくれたのです。
私たちの仲間の一人、Tさんはこの居酒屋の常連で大将とはゴルフ仲間でもあり、仲がいいんですね。
大将からTさんに「クエが入った」と連絡があり、皆が集まりました。
クエは噂通りの大変旨い魚でした。
肉は白身なのですが脂が程良くのっていて弾力があります。
フグなどよりずっと味は上です。
刺身は絶品、鍋も出汁がよくきいて残って汁で作った雑炊もこれまた極上の味わいです。
あれから3年くらいたったでしょうか。
市場で大将がまたいいクエを見つけてくれて、今夜の飲み会となりました。
街中の若者向け居酒屋では一人3000円で飲むことができますが、刺身も枝豆も焼き鳥もほとんどが冷凍品で美味しい思いをしたことはありません。
この居酒屋でクエを食べるとその倍以上はかかるのですが、若者向け居酒屋の十倍くらい旨いのですから文句はありません。
クエは大変な高級魚ですから街中の料亭で食べようものなら2万円近くはとられると思います。
それを考えるとお値打ちなんですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2014/10/03(金) 15:39:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<血液検査全項目正常値という快挙 | ホーム | クエとキノコ尽くし、極上の鍋を味わう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1941-8b6479dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。