うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

16時に突然の眠気

ここ半年ぐらいでしょうか、突然眠気に襲われることがあります。
朝9時までの強い眠気は毎日のことですから、予測はつきます。
それ以外の時間に急に眠くなるのです。
一時はテレビを見始めると30分もしないうちに寝落ちするという症状に見舞われました。
最近はネトゲ廃人(ネットゲーム廃人)の生活を送っているのでテレビを見る機会自体が大幅に減っています。
ニュースと天気予報以外は滅多に見ることがないのです。
この前の日曜日に久しぶりに「劇的改造ビフォーアフター」2時間版を視ました。
眠気を感じることはまったくありませんでした。
テレビを視て眠くなるという現象はひとまず治まっているようです。
ただ14時頃に眠くなることは多いですね。
ドラクエ10が佳境にあっても急に体が重くなりベッドで眠ってしまいます。
朝の2度寝と同様、寝起きは最低です。
普通は例え30分であっても眠ればそれなりに疲労が回復するはずです。
ところがそうはならないんですね。
眠る前よりもかえって眠気が強くなってしまい、起きてもしばらく動くことができません。
実は今日は16時に眠気に襲われました。
何時もならブログを書き始める時間です。
うつ病の通例としてこのくらいの時間から精神状態が上向きになるのが普通です。
ところが今日はそうはなりませんでした。
16時から30分ほど眠り、起きてから30分は何もできずにソファで呆然としていました。
朝の強い眠気も昼間の突然の眠気も退職後に始まった症状です。
在職中は休日でもこのようなことはありませんでした。
退職によって不安感は払拭されましたが、こと睡眠に関しては症状は後退しています。
原因について思い当たる節は何もありません。
精神科医に報告してもカルテに書きとめるだけでコメントはないのです。
昨夜、ドラクエ10で同じチームに所属するメンバーとチャットで少し話をしました。
実年齢は不明ですがどうやらこのチームのメンバーは皆シニア世代のようなんです。
何でも夜、ゲームプレイ中に寝落ちするとか。
ある程度の年齢になるとこういうことが普通に起きるようになるんでしょうか。
ちなみに私は夜ゲームプレイ中に寝落ちしたことは一度もありません。
夕食後が一日のうちで一番脳が活発になる時間帯なのです。
私はもともと夜型人間だったので、うつ病にかかる前もそうでした。
ただ10年前は午前1時2時までそういう状態が続いたのです。
今はどう頑張っても0時前に眠りに落ちてしまいます。
若い頃は夜遅くなればなるほど頭が冴えわたったのですが、もうそういう時代に戻ることはないでしょうね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2014/11/06(木) 17:48:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<少々の贅沢が許される訳 | ホーム | 前立腺肥大の血液検査>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1975-af43e608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。