うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昼寝の後も不調

今朝は6時まで眠ることができました。
私としては珍しいことです。
睡眠時間6時間半。
よく寝たはずなのですが、朝の不調は変わりません。
強い眠気と体の重さ。
ただどんなに調子が悪くても朝食はちゃんと準備して後片付けもできます。
このあたりが不思議なところです。
でも朝食の後片付けを終えるとまったく体が動きません。
今朝は1杯のお茶をいれることさえできませんでした。
断続的に1時間くらい眠ったでしょうか。
何時もは9時頃になると回復の兆しが現れます。
今日は9時を過ぎても一向に回復してきません。
10時になってようやく人心地がつきました。
5時に起きれば9時、6時に起きれば10時にならないとだめだということです。
眠気から覚めるのにはどうしても4時間はかかるんですね。
昼間の眠気も相変わらずです。
今日は15時から16時まで眠ってしまいました。
起きてからも30分は動くこともままなりません。
この眠気は薬の副作用ではないようです。
抗うつ薬は昼食後に飲んでいます。
それから3時間もたってから副作用が現れるとは思えません。
昨日などは16時に眠くなっているのです。
ただ昼寝をするだけならいいのですが、起きた後の気分の悪さ、体の重さは応えます。
そういう時間帯が1日2回現れるのです。
一体これは何なのでしょう。
うつ病の症状かどうかもよくわかりません。
ゆううつ感や不安感は全然ありませんから一種の睡眠障害かもしれない。
症状は改善するどころか日に日に悪化しているようです。
今かかっている精神科医はベテランの医師ですが、統合失調症が専門らしくうつ病にはそれほど詳しくないようです。
精神科の専門病院でずっと勤務していたので他科の疾病についても知識がありません。
睡眠障害についても知らないのではないでしょうか。
今の症状を説明しても答は返ってこないように思われます。
大学病院の睡眠科を受診するという手はあります。
一方、もうこれ以上薬を増やしたくはないという思いもあります。
はてさて一体どうしたものか。
症状が悪化するようなストレスはありませんから訳がわからないんですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/11/08(土) 17:28:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<前立腺肥大の血液検査 | ホーム | なぜイスラム教が勃興するのか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1978-2e1747b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。