うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一人秘かに祝杯を上げるつもり

今日は本当に久しぶりにいいことがありました。
私は以前書いたようにずっと前立腺肥大の治療を受けています。
自覚症状はまったくありません。
ただ高校の同窓会の席上で老師が「これぐらいの年齢になったら男は前立腺、女性は乳がんに気をつけろ。」と言ったんですね。
私の恩師は前立腺ガンのため58歳で亡くなっています。
また自治体の補助金により500円で健診を受けることができます。
自宅から100メートルという至近距離に泌尿器科クリニックがあるので、軽い気持ちで健診を受けました。
前立腺の検査は採血だけですから、数分で済みます。
その時は今後、長期間治療を受ける羽目になるとは知る由もありませんでした。
前立腺検査では血液を分析して、前立腺腫瘍マーカーPSAの値を調べます。
PSAの正常値は4.0以下です。
ところが私の値は6.4でした。
前立腺ガンの可能性もあるということです。
ただ1回目の検査でただちにガンを疑うことはなく、しばらく前立腺肥大の治療薬を飲むことになりました。
そして3ヶ月後にもう一度PSAを測定したところ、治療を受けているのにもかかわらず、PSAの値が上昇していたのです。
クリニックの医師は前立腺ガンの疑いありと診断し、私は大学病院に一泊入院して生体検査を受けます。
幸い生体検査ではガンは発見されませんでした。
前立腺の生体検査は直腸から前立腺に細い管を20数本打ちこみ、その管の中の組織を調べて行います。
管と管の間に非常に小さいガン細胞があるという可能性は否定できないと病院の医師には言われました。
しかしとりあえずガンではないということで前立腺肥大の治療を継続します。
3ヶ月後にもう1回検査をしてみるとPSAは9.6まで上昇していました。
医師は「こういうことはよくある。男性ホルモンを抑制する薬を投与します。それでPSAが半分以下になれば問題はありません。」と説明してくれました。
先週の水曜日に男性ホルモン抑制剤の効果を見るため血液を採取しています。
今日は9時半に泌尿器科クリニックへ行って、その結果を聞いた訳です。
PSAは4.7と以前の半分になっていました。
これでガンの疑いは払拭されたのです。
やはり心が晴れましたね。
治療は今後も継続されますが、当面心配はいりません。
今日は夕方に精神科を受診する予定です。
それが終わったら行きつけのバーへ寄って一人秘かに祝杯を上げるつもりです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2014/11/12(水) 15:35:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<電気温風機を買う | ホーム | 8年間で初めての減薬>>

コメント

一安心ですね

こんばんは。

前立腺がんの疑いが晴れて、一安心ですね。やはり高校時代の恩師がおっしゃってたように、高齢になれば男性は前立腺がん、女性は子宮がんに気を付けましょう、というのは本当のようです。私は父から言われました。
  1. 2014/11/12(水) 22:05:23 |
  2. URL |
  3. パルタ7 #-
  4. [ 編集 ]

パルタ7 様

50代後半になると前立腺に異常がでてくる男性は多いですね。
多分ホルモンバランスが変わるからでしょう。
前立腺ガンの初期は自覚症状がありません。
55を過ぎたら一度検査を受けるといいでしょう。
検査は採血だけですから簡単です。
  1. 2014/11/13(木) 07:14:44 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/1983-a3ca2654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。