うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネットについて

私には弟が一人います。
グラフィック・デザイナーとしてCDのジャケットや本の装丁などをしていたのですが、このネットの時代。
CD市場は半分になるし、本も売れません。
ついに仕事がなくなってしまいました。
弟の奥さん、義妹がアクセサリーのデザイン経験があり、そちらの業界へ転進することにしました。
天然石のビーズ業界です。
かといって最初から店を構えるような金はない。
ネットにホームぺージを開いて通信販売を開始したのです。

まさに現代の流れを象徴しているわけです。

この間うち、大量に買った本のうち、ジェフリー・ディーヴァーの「ソウル・コレクター」を読み終わりました。
アメリカに巨大なデータ収集会社がある。
その社員がその膨大な個人データを使って犯罪を犯すのですが・・・
その社員は次から次へと殺人を犯していく訳ですが、必ず犯人の身代わりを作っていく。
特定の個人に狙いを定め、その人の靴のブランドや大きさ、その他の情報を集めておいて、証拠を犯行現場に残しておく。
また同時に犯行現場から持ってきた証拠の品を身代わりの家に置いてくる。
警察は苦もなく騙され、身代わりの人間を逮捕してしまう。

日本ではまだそこまでいっていませんが、例え小説の上だけにしろ、ネット社会の怖さを実感させる作品でした。
アメリカは広く、ネットによる通信販売が発達している。
また、現金よりもカードで金を支払う。
そういう前提があるから、この小説も成立するわけですが。
確かに今ある個人の電子データを集めてデータベースを構築することができたら、大変恐ろしいことが起こると思います。

ともかくネットの発達はすごい。ブログだってそうです。
今は穏やかになりましたが、このサイトも一時は大変でした。
架空の空間で人が本気になって争う。
これだって、一時代前には考えられないことです。
でも、我々はネットの網に完全に捉えられています。
今更、抜け出すわけにはいきません。
ただ、いくらネットの時代になっても人間の本質、善意や優しさ、無償の愛、いわれのない悪意、ねたみ、嫉妬といったものは変わらないと思います。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2010/01/12(火) 16:23:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<睡眠中毒 | ホーム | 実家>>

コメント

オモダカさんこんばんは。

確かに、ネット社会で便利になりましたが、恐ろしさは消えませんね。
なんだかんだ言っても、キーボードや携帯の向こう側には生身の人間がいるわけですもんね。気を付けないといけませんね。
  1. 2010/01/12(火) 20:09:35 |
  2. URL |
  3. おか #-
  4. [ 編集 ]

おか様

100人中99人は善意の人なんですけどね。
残りのほんの一部の人が問題なんですよね。
恐いですよね。
  1. 2010/01/12(火) 20:58:50 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

オモダカさん、こんばんは。既にお休みになっていらっしゃる時刻とは思いますが。
弟様と妹様のビーズのお店が繁盛しますように。
ビーズと言えば、北鎌倉に小瀧美術館というのがあってアンティークビーズやベネチアンガラスを展示しています。お洒落なカフェもありました。今開館しているかどうかは分かりませんが。
ところで電脳空間、光と影でございますね。
時空を越えてコミュニケートできる素晴らしいシステムですが、あっと驚く地獄へと変ずる事もあります。
余談ですが、日本の警察も監視していると思いますよ。
以前「聖書の暗号」を書いたマイケルドロズニンが聖書にはオウム真理教のテロ攻撃が年月日と共に暗示されているが、示されている同じ年月日に日本の警察がそれを阻止した、素晴らしい捜査力をもってくいとめたと記述しています。もし機会があれば読んでみてください。私達が日々安心して生活できるにはこうした地道なお仕事をされている人たちのお陰もあると言う事ですよね。


  1. 2010/01/13(水) 02:12:59 |
  2. URL |
  3. 通りすがりの旅人 #GnX1Zxto
  4. [ 編集 ]

怖いです

確かにネット社会、怖いですよね。一度繋いだら、誰とも繋がっているに等しいですから、悪いやつに狙われているかもしれないとか。ただ、「おかしいな」と思ったり、いきなり高額料金を請求されたら無視するか、消費者センターに連絡してほしいとテレビニュースで言ってました。だから、普通にしていれば、案外あんぜんです。あと、ウイルスバスターとかを入れておくことは必須です。
でも、こうやってオモダカさんのブログが読めるのもネットのおかげp(^^)q
危機感さえ忘れないで、「君子危うきに近寄らず」を忘れなければ、大丈夫ですよ。
只今、家出中。やはり両親との同居は疲れたし、悲しい思いをしました。ビジネスホテルに篭って、ひたすら寝ます。
弟さん夫婦が良い方向に行くことをお祈りしております。
  1. 2010/01/13(水) 06:05:41 |
  2. URL |
  3. river #-
  4. [ 編集 ]

世の中便利になると

人の心も荒んでしまうのでしょうか?
サイバー犯罪のニュースを聞くたびに「携帯電話とインターネットは
なくなればいいのに」って少尉も思うことあります。
なにせ完全に時代に取り残されたアナログ人間なものですから・・・

自動車と同じで使う人次第で便利な機械にもなるし、凶器にもなる、
ということでしょうかねぇ。。。

節度ある利用が一番ですよね。
  1. 2010/01/13(水) 12:53:29 |
  2. URL |
  3. minidora少尉 #-
  4. [ 編集 ]

通りすがりの旅人様

鎌倉、好きな町で5,6回は行っていると思いますが、小瀧美術館というのはしりません。割と最近になってできた店なのかな。おしゃれなカフェも最近縁がないなあ。
マイケルドロズニンが書いた「聖書の暗号」。すごい本ですね。
自衛隊がサイバー部隊を作るというのを二ユースでみましたが、警察もパトロール隊を作って監視しています。でも、とにかく数が多いですから、大変だと思います。警察の中でもPCおたくを集めて部隊を編成しているのかな。
  1. 2010/01/13(水) 15:17:39 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

river 様

私はウイルスバスターの代わりにavast!をいれています。毎日新しいバージョンが配信されてきますから、それだけウイルスも発生しているということですね。恐い話です。
確かにそうですね、アダルトに手を出したりしなければ、まず安全ですよね。
両親との同居、疲れましたか。私の場合は病気のことを言ってないので「元気がないじゃないか」とやたらいわれるんです。疲れます。 river さんもひたすら寝て疲れを癒してください。
  1. 2010/01/13(水) 15:30:08 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

minidora少尉殿

「携帯電話とインターネットは なくなればいいのに」とは少尉殿も過激ですね。ただほんの10年前はそれで別段不自由を感ずることなく、暮らしていたんですけどね。
そうですね、自動車と同じですね。便利な機械にもなれば凶器にもなる。
おっしゃるとうり、節度ある利用が一番ですね。
  1. 2010/01/13(水) 15:37:54 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/210-5696548a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。