うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復職を考えると

起床6時20分
7時半から11時まで睡眠
12時から13時半まで睡眠。

最近、少し落ちています。
中の下というところでしょうか。
本は読めるのですが(というか他にやることがない)音楽も聴かなくなったし、料理もしなくなってしまいました。

原因はやはり復職のことが気になっているからでしょうか。
復職できるとほっとした反面、今のこの安定した生活を捨てなけねばならないという葛藤があります。
寝たいだけ寝て、好きな本を読んでいればいいという今の生活に愛着ができてしまったようです。
今は落ち込むことはありません。
日内変動もありません。
早朝覚醒があっても、2度寝、3度寝で取り返せます。
ある意味、すごく安定しているのです。

でも、ずっとこのままというわけにはいきません。
復職はいつか通る道なのです。

復職する前にはリハビリ出勤の計画書を作って主治医の承認をもらわなければなりません。
私の机はなくなっていますから、それを返してもらわなければなりません。
リハビリ初日は挨拶回りもしなければならないでしょう。
リハビリ出勤中に仕事をもらえるかどうか。
本格的に復職したら仕事は何になるのか。
8月に復職、次の4月は異動です。
一体、どこに異動するのか。
異動先が合わなくて再発することはないのか。

そういう手続きやあれこれが今から重荷なのです。
あと、半年は療養期間がありますから、その間に調子が上がればいいんですが。
心配の種は尽きません。
考え出したら切りがないのです。
やはり今日、明日のことだけ考えて生きていくより仕様がないのでしょう。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2010/01/14(木) 16:13:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<実家 | ホーム | 中の下>>

コメント

オモダカさんこんばんは。

悩みの種が尽きないようですね…自分はオモダカさんなんかより、もっと低いレベルで葛藤しています。一日一回は外に出なければ気が済まない、くらいまでは来ました。でも、まだまだです。休職じゃなく、無職ですから…先が長く感じます。
  1. 2010/01/14(木) 18:16:23 |
  2. URL |
  3. おか #-
  4. [ 編集 ]

おか様

「一日一回は外に出なければ気が済まない」私だってそんなものですよ。
まともに外に出るのはサイクリングの時くらいです。
外に出なければ気が済まないくらい回復したと前向きにとらえた方が、病気は早く治りますよ。
  1. 2010/01/14(木) 18:39:36 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

やっぱりどうしても「復職」という言葉からは、逃れられないんでしょうね。
必ずやって来る事が分かり切っているから…。
私も仕事をするようになれば、今の気ままな生活は出来なくなってしまう事への未練が、確かにあります。
仕事がしたい。でも今の暮らしも捨てたくないっていうのが本心です。
でもオモダカさんは生活がかかっているから、仕事を辞める訳にはいかないですもんね。
そこが辛いとこですよね。
でもまだ半年…。きっとちょっとずつ気持ちの整理も付いてくるんじゃないでしょうか。
今はまだ、心も体ものんびりしていて下さい。
  1. 2010/01/14(木) 20:45:32 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集 ]

non様

暖かいお言葉、ありがとうございます。
どうしても通らなければならない道だとわかっているものですから、気が重くなることがあります。
でも、気にしても仕様がない。案ずるより産むが易しという言葉もあります。今は明日のことだけ考えていこうと思います。
  1. 2010/01/14(木) 20:59:53 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

私も最近、体調が悪かったせいもあるのでしょが、
落ち気味で、料理が出来なくなりました。
お弁当やパンで済ましているので、旦那や息子に悪くて・・・。
旦那もまだフル出勤はムリで、
2時で帰ってきます。復職は前途多難です・・・。
  1. 2010/01/14(木) 21:47:29 |
  2. URL |
  3. マダムハッピー #-
  4. [ 編集 ]

マダムハッピー 様

体調は波がありますからね、いずれ料理もまたできるようになりますよ。
旦那さん、まだフルタイム無理なんですか。
まあ、あせらずに行きましょう。
あせってもいいことはありませんよ。
ぼちぼち行きましょう。
  1. 2010/01/14(木) 22:31:48 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

入院状態からいきなり復職しました.

普通なら,入院ー>自宅療養ー>復職と進むと思うのですが,私は,入院ー>復職と2階級特進しました.その不安といったらありませんでした.しかし,主治医は妻に,「あの人は一歩踏み出して川を渡ってしまえば,やってゆける人です.」といっていたそうです.
 何よりも,復職した後,リハビリテーションの期間を十分に設けてもらうことが大変重要だと思います.私はまず,主治医に「勤務は半日まで」という診断書を書いてもらいました.職場側は最初そんな勤務形態は認められないといいましが,交渉の結果,特例として目をつぶってもらえることになりました.
 仕事のノルマは思い切り減らしてもらいました.こなせないと思ったノルマは,逃げて,断って,やりませんでした.もちろん,同僚の反感を買いましたが,それが私の主治医のアドバイスだったので,もう開き直りました.ほとんど仕事もせず,ただ机に座って一日を過ごす時期もありました.
 本調子になるまで,2年でも3年でもリハビリの生活を押し通すといいのではないかと思います.それには産業医の十分な援護射撃が大切だと思います.例えば,主治医に産業医宛,特段の配慮を求める手紙を書いてもらうのもいいのではないでしょうか.
 オモダカさんはまだまだ療養の時間をお持ちですが,それでも「寛解してから復職するもの」だ,と必ずしもお考えになる必要はないのではないでしょうか.産業医が十分に動いてくれて,病に理解ある職場となれば,まず復職し,リハビリしながら寛解を目指すということも考えられます.
 長文申し訳ありません.
  1. 2010/01/14(木) 22:39:02 |
  2. URL |
  3. さい #dch2eflE
  4. [ 編集 ]

オモダオさん、こんばんは。
いろいろ心配されていらっしゃいますね。
人は新しい一歩を踏み出す時には行く手に何が待っているのか、不安になりますね。私なりによく分かるつもりです。

でもその気持ちのまま前に進むのは得策ではないように思います。

不安の正体は何なのか。

いろいろ書いていらっしゃいますが、かつてオモダカさんはできていらしたのです。能力は備わっているのです。

感じている不安は実は期待の裏返しなのでは。

机は同僚の方たちが事前に配置して下さいます。
病気は確かに嫌ですけれど、当たり前に思っていた健康に感謝の念を忘れていたのだと思い知らされます。

大丈夫!オモダカさんは健康を取り戻されますよ。

そして、文章を精進して行きたいというお気持ちを大切になさってください。それが生涯オモダカさんの魂に命を吹き込み続ける・・・と思えるのです。

幼馴染とオモダカさんを同一視する妄想をお許し下さいませ。元気にされていると宜しいのですが。
  1. 2010/01/15(金) 01:35:02 |
  2. URL |
  3. 通りすがりの旅人 #-
  4. [ 編集 ]

会社でのリハビリ出勤の前に、全国の障害者職業センターのリワークを受けるのは可能なのですか?会社を休職中なら受けらはれるはずです。カウンセリングとかもあるみたいです。
私は退職しちゃったから受けられなくて残念でした。ただ人気があるので順番待ち状態のようですが、いろいろなフォローが受けられるみたいですよ。
  1. 2010/01/15(金) 08:45:15 |
  2. URL |
  3. river #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

オモダカさんの気持ち、よ~くわかります!!
調子が安定してくると、暇になって、あれこれ考えるんですよね。
そして、どんどん復職の日が迫ってくる。
ここで「愛する家族の為にも、自分が頑張らなければ」と、守るものがあれば、仕事への意欲も出るのでしょう。
でも独身だから、どうも今の居心地の良さを手離したくなくなってしまうんですよね。
半年位で復職出来ていたら…と思います。
休館期間が長くなればなるほど、復職は難しいのでしょうか…
  1. 2010/01/15(金) 13:27:59 |
  2. URL |
  3. 朱雀 #-
  4. [ 編集 ]

さい様

長文の助言、ありがとうがざいました。それにしても入院から復職とはすごいですね。私などでは、考えられないことです。余程、意志が強くて周りの協力もえられたんでしょうね。うらやましい限りです。
私の場合は制度でがんじがらめになっていまして、自由な運用というのがききません。リハビリ出勤はありますが、正式に復職したら正規の勤務時間になると思われます。ただ、仕事は当然軽いものがまわってくるでしょう。
残業もなしだと思います。でも、あとのことは普通の人と同じ取扱いになるとおもわれます。そして次の4月には異動。これがまたストレスになるとおもわれますが、今の部署は忙しい部署なので仕方ないでしょう。
  1. 2010/01/15(金) 15:48:29 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

通りすがりの旅人様

確かに以前は自分で言うのもなんですが、よくやっていました。
大きなイベント等があると一係員の私が脚本を書き、配役をきめ、タイム・スケジュールも決めていました。要は影の監督です。裏から物事をコントロールするのが好きな私には合っていました。
けれども、、もうそいう期待はしていません。片隅で細々とやっていく所存です。健康、取り戻せるといいんですけどね。3年たって寛解にはほど遠い状態ですから。何とか落ちない程度に低空飛行でいくしかないんじゃないでしょうか。
  1. 2010/01/15(金) 16:05:48 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

river様

助言、ありがとうございます。障害者職業センターのリワークを受けるのは不可能だと思います。私、障害者になっていないんです。それよりもリハビリ出勤を早目に始める方が可能性としてはあります。でも、あんまり早く始めてもそれだけで疲れてしまうような気がして・・・
そこら辺をどうするかは職場と相談して決めます。仕事ももらわないといけないし、いろいろ都合もあるでしょう。
  1. 2010/01/15(金) 16:17:01 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

朱雀さん

朱雀さん、鋭いですね。確かに私には守らなければならないものは一つもありません。そのせいで居心地のよさを手放したくなくなる。それもそのとうりだと思います。ただ、仕事に戻れば今の孤独からは解放されるので、その点は大きな期待をしています。
私の場合、休職期間は3年ですからね。
職場の人も変わっていますし、仕事のやり方も忘れています。それは大きな障害になると思います。半年ぐらいなら、どうってことないと思うんですが。
  1. 2010/01/15(金) 16:28:54 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/212-1b7fc5c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。