うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

父親が肺ガン

まだ眠気と悪戦苦闘しております。
昨晩は22時半に眠りました。
起きたのは4時半。
もう少し何とかならないでしょうか。
5時から7時半睡眠
今日の眠気はまあまあです。
8時半に精神科へ。
復職診断書とリハビリ計画承認書をもらいました。
産業医の紹介状の返事はもらえませんでした。
その足ですぐ事務所へ。
産業医の紹介状の返事は郵送で直接届いていることがわかり一安心。
さすがに事務所では眠気は吹き飛んでいました。

昼すぎ、実家から電話がかかってきました。
事務所へかけたけど休んでいるというので、直接かかってきたのです。
父親が末期の肺がんだということでした。
言葉もありません。
間が悪いことに復職と重なってしまうのです。
でも、どうしようもありません。

そうこうしているうち係長からメールがきて「リハビリ出勤の申出書」が提出されていないということでした。
すぐに作成して事務所へ届けました。

帰ってきてから、実家にもう一度電話をしました。
明日、ガンセンターに入院するのに、やはり長男が付き添った方がよいから今夜、実家へきてくれとのことでした。
もちろん、承諾しました。

肺がん、最初は風邪かなと思っていたそうです。
なかなか治らないので肺炎かと思って1月がたちました。
そこでこれはおかしいということでガンセンターへいったところ、即肺ガンという診断だったそうです。
第Ⅳ期ということで、いわゆる末期ということでしょう。
父親はいくつだったけな。
大正14年6月生まれですから86歳です。
年寄りのガンはなかなか進行しないと聞いていたのになあ。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2010/07/08(木) 16:18:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<街へ出る | ホーム | 病院での付添>>

コメント

突然のご入院とのこと、心からお見舞い申しあげます。お父様心配ですね。
復職と重なってしまいますから、大変かと思います。
自分も長男ですから、気持ち分かりますよ。
  1. 2010/07/08(木) 20:12:26 |
  2. URL |
  3. L #-
  4. [ 編集 ]

突然の事で、驚かれた事でしょうね。
これから復職の事もあるという時に、大変な事になってしまって、言葉もありません。
オモダカさんは、大丈夫でしょうか?
精神的なダメージが心配です。
  1. 2010/07/08(木) 21:11:41 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集 ]

お父様、肺がんでしたか・・・。
私の母も肝臓がんで10年前くらいに
亡くなりました。大変な時って重なりますよね。
うちも母が亡くなって、3日後に祖父が亡くなりました。
どうしてこうも一気に事が起こるのかと・・・。
  1. 2010/07/08(木) 21:35:31 |
  2. URL |
  3. マダムハッピー #-
  4. [ 編集 ]

お父様のご病気心配されていることと思います。
本当に大変なことと大切なことは重なりますね。
私も祖父・父・祖母が続いて病気で亡くなり、間に震災がありました。
オモダカ様の方が疲れてしまわれないように心身共に
お気をつけ下さい。
  1. 2010/07/09(金) 16:40:50 |
  2. URL |
  3. じゅん #-
  4. [ 編集 ]

L様

お見舞いありがとうございます。
復職と重なってしまい大変です。
こういうとき、長男はつらいですね。
  1. 2010/07/09(金) 20:16:19 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

non様

いろんなことを考えて頭の中がぐるぐるまわっております。日程的には大変なことになりました。
精神的には何とか持っております。
  1. 2010/07/09(金) 20:20:52 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

お父様が肺がんだとのこと。心からお見舞い申し上げます。

私の父(現在69歳)も末期の肺がんで、余命1ヶ月と宣告されましたが、3度に及ぶ手術をして、助かりました。現在、手術から5年が経過していますが、今のところ再発はないようです。

医学の進歩は目覚しいものがあります。希望を持ちましょう。

オモダカさんのお父様の治癒と、オモダカさんの復職の成功を大阪からお祈り申し上げています。
  1. 2010/07/09(金) 20:40:29 |
  2. URL |
  3. 円頓房 #h0j/NQls
  4. [ 編集 ]

マダムハッピー様

そうですか。私もいろんなことが重なって困っています。
何とかならないものでしょうか。
  1. 2010/07/09(金) 21:29:59 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

じゅん様

じゅんさんも大変なことが立て続けに起こったんですね。
私もそうです。
復職を前にしてどうしていいかわかりません。
  1. 2010/07/09(金) 21:33:16 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

頑張ってはいけない

お父様の件、大変ショックと思います。実は私も、最初の復職の際に父親が”肺癌”を患っていることを知らされました。しかも末期で医師からはモルヒネ(オキシコンチン←これはモルヒネの錠剤・オプソ←これはモルヒネの水薬)を処方されていると言うのです。手術はすでに不可能で抗がん剤治療も高齢を理由に却下。どうする事もできませんでした、更に母親が脳梗塞の後遺症で半身不随、要介護の状況です。更に復職後、私には大変な責任の架かる、社の命運を左右する様なプロジェクトリーダーに指名されたのです。休職前は自分で言ってはいけませんが”カリスマ”的なシスオペだったので、復職後も周りからこのイメージが抜けず、私が抜擢されたわけです。残念ながら父は復職後4ヶ月目の8月に逝去し、喪主は母親でありましたが、私が施主となり、すべてに対応して行く事になりましたもちろんプロジェクトと同時進行です、通夜の午前中は客先で説明会、告別式の後では会社に戻ってプロジェクトの練り直し、社則では忌引き休暇は5日間あるのですが、すべて仕事で費やしました、部下も1人配属されてましたが”右も左も”わからない新人でしたので業務は私一人で実行しました、部下は元の部署へ差し戻しました、この様な状況は大変良くありませんでした、”右も左もわからない”と言っても車の運転くらいはできた筈なので”運転手代わり”にでも巣べきだったのです。会社にも身内にも現状を説明し協力を仰ぐべきだったのに、私はそれをしなかった。結果プロジェクトわ成功裏に終わり、社長、会長よりねぎらいの言葉を頂きましたが、精神は”崩壊状態”程なくして私は、大鬱病を再発しました、これは帰死念慮の強く出た大変悪いもので、実際服薬自殺をし、結果助かったのだけどこの時の医師の診断書をもって2度目の休職にいたるのです。この時”私は終わった”そうかんがえました。魂の抜け殻の様になってしまいました。これはすべて”何でも自分で解決するんだ”との意識が強すぎた為の自業自得です、オモダカさんはこの様になってはいけません、会社でも身内でも頼れるものには頼ってけっして自分を追い込んではいけません。私の様な失敗はしないでください。
  1. 2010/07/09(金) 21:45:12 |
  2. URL |
  3. ひろひろ #-
  4. [ 編集 ]

円頓房 様

うちの父親は多数骨転移しているので、手術もできません。
抗ガン剤のみの治療となっています。
もう退院はできないよと申し渡されております。
余命は週単位です。
そんな状況ですのであきらめるしかありません。
お祈り、ありがとうございます。
  1. 2010/07/10(土) 18:05:37 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

ひろひろ様

ひろひろさんもつらい体験をされたのですね。
さぞや大変だったでしょう。
貴重な体験談、どうもありがとうございました。
頼れるものには何でも頼るつもりです。
自分を追い込むような真似はしません。
何とかうまく復職と両立させるつもりです。
またよいアドバイスがありましたら、よろしくお願いします。
  1. 2010/07/10(土) 18:15:29 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/390-94b7f6db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。