うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

頭のMRI

父が亡くなったのは10月26日午前0時27分。
私が病院へ着いたのは2時半くらいでしょうか。
無論、タクシーで行きました。
慌てていたので抗うつ剤を忘れてしまい、途中で引き返して取りに帰るはめに。
母親はすぐに葬儀社に連絡し、寝台車で父の遺体を家へ連れ帰りました。
そして夜中の3時半くらいから葬儀社の担当者と葬儀の打ちあわせ。
さすがにここではうつ病のカミングアウトはできません。
葬儀社の担当者が「喪主は長男が」と言って、私が喪主になってしまいました。
いろんなことを全部私が決めなければなりません。
でも、基本的なプランは葬儀社の担当が持っていて、私はその中から選ぶだけ。
その点は少し楽でした。
翌27日の昼には弟が東京から到着。
27日の夜は仮通夜です。
28日の夜が本通夜でした。
このときは喪主の出番はなし。
29日が葬儀です。場所は葬儀会館。
親戚に挨拶するのは喪主の務めです。
葬儀の終わった時には皆の前で一言述べなければなりません。
葬儀社の人が渡してくれたペーパーをつかえながら読みました。
相変わらず声はよく出ないのです。
3年間の孤独なうつ病生活の爪痕は残ったままなのです。
それからマイクロバスに乗って火葬場へ。
そして葬儀会館帰ってきたらそのまま初七日を行うのが名古屋式です。
私の叔父は医師です。
叔父の目から見て私の行動はおかしかったようです。
歩くときに左手を曲げて前の方に出したまま歩きます。
手も少し震えているようです。
叔父の医院で検査を受けました。
このときはもう母と弟にはうつ病であることをカミングアウトしていたので、叔父にもそう言いました。
検査の結果は足の血管がすこしつまり気味だということでした。
紹介状をもらって病院へ行き、頭のMRIをとりました。
その結果がわかったのが11月1日。
頭は異常ありませんでした。
葬式以外でも本当に疲れました。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2010/11/02(火) 21:54:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<充実していた父親の人生 | ホーム | 冷たくあしらわれる>>

コメント

色々大変でしたね。
本当にお疲れ様でした。
でもちゃんと喪主としてご挨拶も出来たんですね。
声の出方はともかく、よく頑張れたと思います。
そしてこの機会にカミングアウト出来た事で、オモダカさんの気持ちも少しは楽になるといいですね。
MRIの結果は異常無しで良かった。
ゆっくり休める時間、ありますか?
  1. 2010/11/03(水) 05:12:53 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集 ]

お疲れさまでした

オモダカさん
こんにちは。
お父様のお葬式のほかにも、色々とあったのですね。MRI検査の結果、異常がなくてほんとうに良かったですね。

お葬式では、喪主をつとめられたのですね。お疲れさまでした。オモダカさんが喪主をつとめられて、天国のお父様も喜んでおられると思いますよ。
  1. 2010/11/03(水) 13:30:30 |
  2. URL |
  3. 円頓房 #h0j/NQls
  4. [ 編集 ]

non 様

本当に声は出ませんでした。
母親はポリープでもあるのじゃないかと心配しています。
まあ、そんなことはないと思いますが。
カミングアウトは確かに精神的に楽になりました。
残念ながらゆっくり休めそうにはありません。
やることが山積みです。
  1. 2010/11/03(水) 18:56:15 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

円頓房様

本当に最近の私はいろいろとありすぎです。
ふつつかな喪主でしたが、父も喜んでいるでしょうか。
だとすると、うれしいのですが。
  1. 2010/11/03(水) 18:58:37 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

自信を取り戻すように・・・

オモダカさん、MRIの結果、良かったですね。
かくいう私も昨年秋頭のMRI検査を先生に頼んで受けました。
自分でもおかしいなと思う位ぼーっとしていて
資格取得のための勉強をしていても知識の定着が全然はかれず
自信を全く失っていたのです。
検査の結果は年齢相応との事、異常は見つかりませんでした。
主治医はMRIの検査をする事に積極的ではありませんでしたが、
私のたっての希望なので受け入れてくれました。
「薬の副作用もあると思いますし、大丈夫だと思いますよ。
では念のためと言う事で。」と検査してくれました。
その後私は自分の好きな事を見つけ資格取得の勉強は放棄しました。
要はその勉強は私の人生に不要な勉強なので身が入らず
知識が定着しづらかったみたいです。

周囲で起こる様々な出来事や人の反応で深く傷つく事があるかと思いますが、
「今まで味わった事のない経験をしたのだ」という気持ちで
受け止めてみてはいかがでしょうか。

オモダカさんは聡明で今まで冷たくあしらわれるなんて経験は
なかったのだと思いますが、世の中には様々な思いで
生活している人たちがいます。
人に対する思いやりなども自分が味わってみないと
分からない事が山ほどあります。
深く感じた思いは鮮やかな絵具の色となって
オモダカさんの作品を描く道具となるのではないでしょうか。

悲しみや辛さすら貴重な経験として何かを描く時には欠かせない
画材となると思います。
意味不明なコメントですが、少し達観して見るような部分があれば
楽になれるように思います。
ブログで読んでいる立場からしますと、歩みを進めていて
今人生の難所にさしかかっているというふうに見えます。
陰ながら応援しています。
いずれ私も似たような難所にさしかかるはずだと思います。
  1. 2010/11/04(木) 14:40:05 |
  2. URL |
  3. medical_rod #GnX1Zxto
  4. [ 編集 ]

medical_rod 様

冷たくあしらわれるのは応えます。
頭の働きが鈍っているので仕様がないのですが。
定年までには回復するのでしょうか。
確かに人生の難所ですよね。
越えることができるのでしょうか。
あまり自信はありませんが・・・
  1. 2010/11/04(木) 18:51:27 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/485-fb2da156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。