うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いよいよ明日です。

昨日は21時に眠りました。
起きたのは4時半。
朝食を取って2度寝しました。
起床6時。
最近、休日の午前中の調子が悪いのです。
8時から9時までベッドの中に。
眠れません。
コンビニへ出かけました。
サンドイッチとメロン、ヨーグルトにおやつのパンを買いました。
サラダはコーンが入っているのでやめました。
コーンは大腸の検査に差し障りがあるのです。
10時から11時またベッドの中に。
またまた眠れません。
12時から14時までもベッドの中にいました。
ここでは少し眠ることができました。
眠れないとベッドの中にいても苦しいのです。

明朝の大腸検査に備えて、水分は積極的に取っています。
1日1㍑以上の水分を取らなくてはなりません。
夜21時に明日に備えて下剤を飲みます。
アモキサンも飲んでいるので効くでしょうか。
心配です。
ただうまくいかなかった場合は浣腸でもなんでもしてくれるそうですので、何とかなるでしょう。
後は先生の腕を信じるだけです。
気おくれして親戚と名乗らなかったので、先生は私が親戚であることを知りません。
ぶっきらぼうな先生です。
伯父にそう話すと「ぶっきらぼうな男なんだ、あいつは」と言っていました。
特別、私にたいしてだけぶっきらぼうな訳ではないようです。
明朝は8時から検査開始です。
下剤を飲むのに1時間、それから排便に2時間、検査時間は30分です。
でも、用心して1日休みを取りました。
先生には下剤の相談もしてこなくてはなりません。
忘れないようにしなくては。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2011/03/21(月) 18:01:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<臨戦態勢 | ホーム | 最悪の結果かもしれません。>>

コメント

技術こそ全て

内科医に必要なものは知識、検査・外科は技術です。
職人・技術者ってぶっきらぼうなことが多いです。
そんなわけで、今回は腕さえあれば良いのです。

しかし30分の検査のために、1時間かけて下剤を飲み、排便に2時間をかけるとは。
過酷な検査ですね。私も受けたほうが良いんですけど。
結果がバッチリでポリープも無く、2度目が無いことをお祈りいたします。
  1. 2011/03/22(火) 00:40:05 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

検査は下剤がうまく働かず、3回も浣腸をするという過酷なものでした。
結果は最悪です。
盲腸の近くに大きな腫瘍があるということで、病理検査になってしまいました。
早ければ土曜にも結果がわかります。
祈るしかないです。
  1. 2011/03/22(火) 13:18:41 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/607-7e3d3ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。