うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エッセイ集を書こうと思った

文春文庫で03年版ベスト・エッセイ集「うらやましい人」を読みました。
読み始めてから読み終わるまで16日。

たかが文庫本1冊にずいぶん時間がかかっています。
今の私のうつの程度を示しているのでしょう。
集中力が続かないので、1つのエッセイを読み終わるとそれだけで疲れてしまう。
続けて本が読めないのです。

ただ、ベスト・エッセイ集と銘打ってあるだけのことはあって、粒ぞろいのエッセイが並んでいました。
「阿弥陀堂だよりをかいたころ」では作者の南木佳士氏がかって重症のうつ病であったことを知りました。
これは映画にもなっており、私もDVDで見ました。
うつ病者になった医者が田舎へ行って自然と人に癒され回復する話です。
甘いといえば甘い話なのですが、結構私自身も癒されたのを覚えています。

私、実はとんでもないことを考えておりました。
ブログを始めるにあたって自分のエッセイ集とするつもりだったのです。
だが、エッセイを書くのは実に難しい。
いいエッセイを書くことはいい短編小説を書くより難しいことがすぐにわかりました。
計画は即座に頓挫し、普通のブログになってしまったわけです。

でも、たまにはその日一日起こったできごとの羅列だけではなく、エッセイ的なことも書こうと思っています。
皆さまのご訪問、お待ちしています。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2009/09/25(金) 15:20:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<漠とした将来 | ホーム | 牛肉とシメジのオイスター炒め>>

コメント

あ、わたしも。

「銀の靴」を書き始めたとき、新聞の連載小説みたいな雰囲気のエッセイにしたかったんですよ。
でも、テンプレート変えた後で読み返して見ましたが、うつがひどいときに書いていたせいか、今よりはるかに文章力に劣るしパワーも感じません。
本を出すのが夢なんですが、これは難しいなって感じました。
オモダカさんのエッセイ風記事も楽しみにしています。
  1. 2009/09/26(土) 23:58:38 |
  2. URL |
  3. 伽羅 #-
  4. [ 編集 ]

伽羅様

エッセイ難しいですね。
よほど普段から意識してネタをさがしていないとだめですね。
そしてそのネタを温めるのも難しい。
エッセイストは偉大です。
  1. 2009/09/27(日) 16:46:16 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/83-25bd6186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。