うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何時まで続くのか。

金曜の夕方から実家に来ています。
昨日は23時に眠りました。
5時40分に目が覚めました。
外はまだ真っ暗です。
幸い、朝刊は配達されていたので、居間で一人それを読みます。
もう、ガスファンヒーターをつけないと寒さを防げませんね。
母親が起きてくるのは6時半です。
それまでお腹がすいて待っていられません。
つい、テーブルの上にあった鬼饅頭を一つ、食べてしまいました。
朝食は紅茶とサークルKのパン、それにリンゴです。
7時半から8時半まで2度寝をしました。
実家にいるといろんな人がやってきます。
私の自宅にやってくるのは新聞の集金人さんくらいなのに。
まず、看護士さんが母親の往診にきます。
土曜日が往診日と決まっているのです。
それから、今日は植木屋さんが来ました。
庭の松や他の木を剪定に来たのです。
植木屋さんはもう70歳近いはずです。
それでもとても元気でてきぱきと働いています。
そして、お昼過ぎにヘルパーさんが来ます。
この人もすごく元気です。
家の中を走るようにして掃除してくれます。
歳は60歳近くでしょうか。
14時頃、実家を後にして家路につきました。

私のうつは症状としては軽いんですよね。
お風呂に入れなかったことは一度もありませんし、入れば必ず髪を洗います。
4年くらい前は夜中の2時半に覚醒して眠れなかったこともありましたが、眠剤を増量してからは時々、早朝覚醒が起こる程度になりました。
眠剤を飲めば遅くとも1時間半以内には必ず眠れます。
遅刻したことは一度もありません。
稀死稔慮もありません。
それでも5年半治らないんです。
うつは軽いから早く治るというものでないんですね。
一体、何時まで続くのでしょうか。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2011/12/10(土) 19:17:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<冬らしくなってきた。 | ホーム | 定年後>>

コメント

おはようございます

オモダカさんが鬱病になった原因がまずわからないですしね。
私も鬱病になって3年目になりますが、一体治るのか不安です(ρ_;)
  1. 2011/12/11(日) 04:57:49 |
  2. URL |
  3. 朱雀 #-
  4. [ 編集 ]

そうなんですよね。
私も今は一番酷い時に比べたら、全然元気になったんですが、時々些細な事で気持ちが不安定になったり、心が折れてしまったり…。
でも、病院ではそういう気持ちを切り替えていかないといつまでも薬を飲むようになっちゃうからって、その位の事しか言ってもらえなくて。
どうすれば、気持ちを切り替えられるのかが分からないのに…。
正直、通院するのも面倒になってきちゃいました。
  1. 2011/12/11(日) 07:45:11 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集 ]

わたしもある程度までは良くなって、半ば無理矢理社会復帰して、またうつをぶり返すという状態をくり返すこと、今回で4回目になります。
もしかしたら、この『ある程度』が限界で、これ以上はいまの医学では無理なのかなあとも思います。
いい先生に巡り逢えても、手探りで診療してるのは見えますしね…。
脳の中身なんて、結局まだわからないことだらけなんですよねえ。
このまま、アルバイトをする勇気も体力も戻せないまま、ずっと通院し続けることを思うと、正直こわいし罪悪感でどうにかなりそうです。
治るひとは半年くらいで治るとも言われてるのに、本当に、不可解な病ですね。


  1. 2011/12/11(日) 13:58:57 |
  2. URL |
  3. 半分 #TTjpH3IE
  4. [ 編集 ]

私も自殺企図はないから

一般には軽いんでしょうね。
でも波があっていつ落ちるかわかりません。
少し無理をしているかなあ、という状態をしばらく続けると間違いなく悪くなります。
今年は失敗でした。ここまで体調が悪くなって良くなる気配が無いとは予想できませんでした。
またなんとか働きに行かないといけませんが、もう少し良くならないと無理です。
少なくともお腹の調子が良くならないと。
それだけ来客があると賑やかで良いかも。
私など何も無いとそのままグッタリ寝てますから、そのくらいのほうが良いかもしれませんね。
  1. 2011/12/11(日) 16:26:46 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

朱雀さん

原因は私にもよくわからないのです。
ある日、突然、腰痛に見舞われるようになりました。
仮面性のうつ病だったと思います。
あのころは仕事もプライベートもまあまあうまくいっていたんですが。
  1. 2011/12/11(日) 16:30:54 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

non 様

私も復職したての頃はずっと顔がこわばっていました。
いまでは自分から発言もするし、ときたま笑うこともあります。
でも、これは薬の力なんですね。
薬が半分になると完全なうつ状態になります。
一体、何時まで薬を飲み続けなければいけないのでしょう。
仕事も定例的なことはできますが、自分からアイデアを出せと言われると何も浮かんできません。
なかなか先が見えないんです。
  1. 2011/12/11(日) 16:38:54 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

半分様

そうなんですよ、私は十数人のうつ病の人を知っていますが、3か月、半年で治る人もけっこういるんですよね。
かと思えば、ずっと治らなくて退職した人や自殺した人もいます。
結局、薬との相性なんでしょうか。
先生との会話は治療にはほとんど影響していないように思えます。
一生、薬を飲み続けるんじゃないかと思うと不安になりますね。
  1. 2011/12/11(日) 16:47:17 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

こおろぎさんは今年は国体で無理をしすぎましたね。
やはりうつの身ではああいう大きなイベントの仕事は負担が大きすぎたのでしょう。
おまけに人の仕事まで手伝っていましたからね、具合も悪くなりますよね。
早くお腹の具合を治すのが先決ですよね。
実家はけっこう来客が多いんです。
裏の家の人がお菓子を買ってきてくれたりします。
そういう点、うちの団地は本当に砂漠地帯です。
隣の部屋の人の顔も知りませんからね。
  1. 2011/12/11(日) 16:55:35 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/870-d42042b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。