うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お腹が痛い

昨夜は22時半に眠って、5時20分に起きました。
そこまではよかったんです。
朝食をとってから、また布団に戻りました。
しばらくして腹痛で目が覚めました。
ものすごくひどくはありません。
無理して出勤しようかなとも思いました。
でも、通勤途上でお腹が痛くなってきたら困るなと思い、電話をして仕事を休むことにしました。
電話をしてからはまた布団に逆戻り。
昨日の夕食はダイエーの握り寿司です。
あれがいけなかったのでしょうか。
10時頃まで寝ていました。
この頃になるとちょっとお腹も落ち着いてきました。
本当はお粥がいいんでしょうけど、私はお粥が苦手なんです。
近所のスーパーへ行って、稲荷寿司と味噌カツ弁当を買ってきました。
お昼を食べて12時半から14時半までまた眠りました。
ボルタレン・テープは試供品なので2枚で終わりです。
今日はサロンパスを肩に貼っています。
やはり効きが違いますね。
ボルタレン・テープの方は患部の深くまで浸透して痛みを全部とってくれるようなのです。
サロンパスはそこまでいきません。
でも、サロンパスが買ってあるので、これで我慢するしかありません。
実家に電話して「今日は行けない」と告げました。
寝転がってずっと本を読んでいました。
北杜夫「マンボウ最後の大バクチ」です。
北杜夫が人生最後の躁期に入った時のことが書かれています。
高校時代の仲のよい友達が躁うつ病なんです。
早稲田の法科大学院を出て、学校の講師をしたり、論文を雑誌に載せたりしていました。
でも、躁うつ病で全てを失いました。
仕事はできません。
奥さんとは離婚してしまいました。
1年前くらいでしょうか。
躁期に入って私の所にも電話がかかってきました。
心配した彼のお兄さんからも電話がありました。
私の家でお茶でも飲もうということになり、用意して待っていました。
でも、来ないのです。
躁が高じて予定の行動さえできなくなっていたのですね。
一度、私の職場に前触れもなしに訪ねてきたこともあります。
ちょうど私は転院して抗うつ薬を四分の一にされ、すごく具合が悪い時でした。
しばらく見ないうちに彼の頭は総白髪になっていました。
「調子が悪いんだ」と言うとすぐに大人しく帰っていきました。
うつ病も困りますが、躁うつ病はもっと困りますね。
北杜夫は躁期に株の取引をして全財産を失い、莫大な借金を負っています。
うつ病のように3か月で治るということもありません。
彼は今どうなっているのでしょう。
連絡がないところをみるとうつ状態になっているのかもしれません。

応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2011/12/16(金) 21:04:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ボルタレン・テープ | ホーム | たまにはテレビでも>>

コメント

おはようございます

私のリワーク仲間にも躁鬱病の人がいます。
彼は現在病院に入院していますが、会社を解雇され落ち込んでいます。
何か役に立ちたいのですが…
躁鬱病は鬱病よりたちが悪いらしいんです。薬物治療の他に認知療法なども試してみないとダメですね。
彼には元気になって欲しいです(∋_∈)
  1. 2011/12/17(土) 04:19:45 |
  2. URL |
  3. 朱雀 #-
  4. [ 編集 ]

やっぱり双極性障害は、鬱とはまた違った辛さがあるようですね。
気持ちが極端にUP、DOWNを繰り返すのですから、これはキツイですね。
仕事をしていた時、利用者さんに双極性の方がいて、対応がとても大変でした。

お腹の調子はもう大丈夫ですか?
やっぱりお寿司のせいでしょうかね。
  1. 2011/12/17(土) 05:45:22 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集 ]

躁うつ病というのは、北杜夫さんのユーモア溢れる文章でしか知らないのですが、現実の病気としてはとてもきつい病気なんですね。
ずっとうつなのも辛いですけど、躁期に自分をコントロールできないというのが、恐ろしいですね。
何をやってしまうかわからないなんて、周囲の人間もさぞ対応がたいへんでしょう。
いま、どうしてらっしゃるんでしょうね。
すこしでも良くなられてるといいのですが…。


  1. 2011/12/17(土) 11:15:03 |
  2. URL |
  3. 半分 #TTjpH3IE
  4. [ 編集 ]

朱雀さん

躁うつ病の人は躁期に入ると人と喧嘩したりしてトラブルを起こしてしまうんですよね。
やたらに買い物をしてお金を使い果たす人もいます。
私の友人は躁期に入ると家に帰らず、ホテルを泊まりあるいていました。
そしてホテル側にサービスが悪いと大きな声で文句をつけてトラブルを起こすんですね。
出入り禁止になったと聞いています。
うつ状態の時も抗うつ薬を出し続けていると躁に移転したりして、油断ができません。
朱雀さんのリワーク仲間の方は今、うつ期なんですね。
でも、そのうちまた躁になりますからね。
厄介な病気ですよ。
  1. 2011/12/17(土) 15:24:31 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

non 様

躁うつ病はうつ病以上に周りの人が大変なんですよね。
躁の時は人の話を聞きませんからね。
本人は絶好調なので医者へ行くのを嫌がるんです。
non さんも対応に苦慮されたでしょう。
お寿司は朝作ったものを夜食べました。
一応冷蔵庫には入れてあったんですが。
  1. 2011/12/17(土) 15:29:57 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

半分様

そうなんです、うつ病は自殺の心配さえなければ、周りも対応ができると思うんですが、躁うつ病はそうはいきません。
躁状態になったら誰にもコントロールできませんからね。
しかも本人は極めて意気軒昂、気持がいいんです。
医者へも行きたがらないことが多いです。
彼は連絡がないところをみると、落ち着いているのか、うつ状態にあるのか、どっちかでしょう。
薬としてはリチウムがあるのですが、常に血中濃度を一定に保たねばならず、使い方が難しいんです。
  1. 2011/12/17(土) 15:41:29 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/876-76d5f492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。