うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無人島サバイバル

昨夜は23時に眠って5時半に起きました。
6時半から8時半までは2度寝です。
それから洗濯をしました。
お湯が出ないので冷たい水で洗濯をします。
寒いこの時期はなかなかつらい作業です。
10時になったらまずクリーニング屋へ。
それからダイエーに行って食料を仕入ます。
今日は一日読書で過ごしました。
萩原浩「オイアウエ漂流記」新潮文庫です。
飛行機が墜落して男女10人が無人島に漂着します。
手持ちの食料はありません。
自分たちで調達するしかないんですね。
まず最初に目をつけたのがココナッツです。
ココナッツはジュースも飲めますし果肉も食べれます。
昔、私が子供だったころ父親がココナッツの実をもらってきたことがありました。
当時としては随分珍しいものだったんです。
ずっと玄関に飾ってありました。
あまりにも長い間、飾っておいたので干からびてココナッツのジュースも実も食べることができませんでした。
カクテルのカルーアミルクは普通コーヒーリキュールと牛乳で作りますが、本来はココナッツミルクで作るものだと昔バーのマスターに聞いたことがあります。
それからゴルフクラブを磨いて銛にして熱帯の魚を取ります。
沖縄の市場へ行くと青やらピンクやら原色の魚を売っています。
正直言って白身がぽろぽろであんまり美味しいものではありません。
ですから沖縄では蒲鉾にして食べるんですね。
でも無人島ですから刺身にしたり焚火であぶったりして食べます。
水鳥、大コウモリも食べます。
そして海亀も捕まえて食べるんです。
今は海亀はワシントン条約で保護されていますから絶対食べることはできません。
でも、昔はフランス料理なんかでもスープにしていたようですね。
「バベットの晩餐会」という映画に登場して有名になりました。
(ただし私はこの映画は見ていません。)
スッポンは何度も食べたことがありますから亀の味は大体想像できます。
鶏の胸肉のようにあっさりしたものでしょう。
昔からこういうサバイバルの話は好きだったんです。
「ロビンソン・クルーソー」とか「十五少年漂流記」とか。
「ロビンソン・クルーソー」にはモデルとなった島が南米に実在します。
知恵を出しながら自給自足で生き抜いていく話ってわくわくしませんか。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2012/02/05(日) 18:20:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<久しぶりに実家へ | ホーム | 2度とごめん>>

コメント

なかなかグルメですね

確かにカルーアミルクはココナッツミルクで作るものですよね。
と言うか私はココナッツミルクで作っているものと信じて飲んでました。
考えてみれば入手しにくいし、単価が高くなるかもしれませんね。
亀……スッポンは食べたことが無いです。一度食べてみたいです。
狙っているのは岡山に温泉でスッポンを養殖している一件宿があるのですが、結構お得に食べられると聞いているので家族で行くのも良いかなと。温泉だけなら入ったことがあるのですが。
その前に私は山口県人ですけど、天然のトラフグは食べたことがありません。
いくら豊漁で安値と言っても地元じゃそんな経済力はありません。
東京の料亭に送られてボッタくられるのですが、どうせ自分のカネで食べていないだろうから屁とも思わないのでしょうね。
私のような神経質な人間はサバイバルではすぐに死んでしまいますねえ。
  1. 2012/02/05(日) 23:08:52 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

雑誌広告

WEDGEで鬱病の経済的損失2、7兆円、患者100万人で企業も対応策をと出てました。
会社も社内に患者が出るという前提での対策を考え始めてるんでしょうね。
雑誌はまだ読んでないんですけど、大きく広告してました。
  1. 2012/02/06(月) 00:12:47 |
  2. URL |
  3. なか #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます

やっぱり男の人って冒険ものが好きなんですね。
私は「東京島」っていうサバイバル映画を見ましたよ。なかなか面白かったです。でも自分が漂流したら生きていけないでしょうね~
  1. 2012/02/06(月) 06:00:50 |
  2. URL |
  3. 朱雀 #-
  4. [ 編集 ]

「オイアウエ表隆起」…なんだかとってもおもしろそうです。
でも実際に無人島なんかへ漂流してしまったら、過酷だろうなあ。
まずは、水と食料ですよね。
好き嫌いなんか言ってられないし、多少の不潔感はがまんしないとならないでしょう。
あとは雨風の避けられる場処。
でも何と言っても、いまのわたしが不安なのは、薬が調達できないことです。
いまもし、無人島に漂流してしまったら、ほどなく切れる抗うつ剤や抗不安薬や精神安定剤のせいで、ただ苦しみながら寝そべって、死を待つしかないかも…。
それとも、そこまでの極限状態に置かれたら、人間、パワーを発揮できるものでしょうか?

ココナッツミルクで作ったカルーアミルクなんておいしそうです。
飲んでみたいなぁ。


  1. 2012/02/06(月) 16:14:50 |
  2. URL |
  3. 半分 #TTjpH3IE
  4. [ 編集 ]

こおろぎ様

カルーアミルクをココナッツミルクで作っているバーはほとんどないと思います。
ココナッツミルクの缶詰はありますが、一度開けたら飲みきらなければなりません。
とてもペイしないでしょうね。
温泉でスッポンですか。最高じゃないですか。
スッポンは淡白で癖がなくて美味ですよ。
エンガワのから揚げなんかもいけます。
天然のフグは私も食べたことがありません。
フグってみんなが言うほど美味しいものじゃないと思うんです。
それよりクエの方がよっぽど旨いですよ。
なかなか獲れませんから幻の魚と言われています。
刺身にしても鍋にしても最高です。
  1. 2012/02/06(月) 20:02:44 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

なか様

うちも鰻登りにうつ病で休職する人間が増えています。
幹部も頭を痛めています。
相談窓口なんかも作っているのですが、患者は減りませんね。
今やうつは国民病ですよ。
  1. 2012/02/06(月) 20:06:11 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

朱雀さん

男は自分が冒険できないものですから、小説や映画の中で冒険するのでしょう。
私も無人島に漂流したら生きていけないでしょうね。
泳げませんし。
サバイバル術の本は読んでいるので知識だけはあるんですが、実践が伴いません。
精神力もありませんし。
  1. 2012/02/06(月) 20:11:19 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

半分様

水の確保は重要でしょうね。
でも、日本人は普段からきれいな水しかのんでいませんから、泥水なんか飲んだらすぐお腹を壊すでしょう。
我々は薬が一番困りますね。
最近、週刊誌なんかでまた地震が起こるってよく書いてあるでしょう。
医院も薬局も崩壊、怪我人だらけの中で誰も抗うつ剤の手配なんかしてくれないと思うんです。
東北のうつ病患者の人たちはどうやってしのいでいたのかなあ。
生きている間に東南海地震が起こらないことを祈るのみです。
ココナッツミルクのカルーアミルクは自分でココナッツミルクの缶詰を買って自分で作るしかないでしょうね。アマゾンで見たら意外と安く買えます。
  1. 2012/02/06(月) 20:22:09 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/935-37acd671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。