うつの海漂流記

2007年9月からうつ病に。3年休職して復職しましたが回復せず、早期退職。一人暮らしをやめて実家へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

死ぬまで元気になることはない

今日は年度末を控え、忙しく仕事をしました。
来年度の準備のために分厚い決裁を2本作りました。
この書類のもとで多くの人が働きます。
副係長と非常によく仕事のできる友人が私の副担当者としてついています。
2人が私の決裁をチェックします。
私の間違いは1か所だけだったのですが、隣の課からもらった書類がけっこう間違っていました。
ただ去年も間違ったままトップまで決裁は通っているんですね。
私は去年の決裁は正しいと信じていましたから、間違いに気付かなかったんです。
脇が甘いですね。
大事な仕事ですから先入観を持たずに一言一句をよく読むべきだったのです。
やはりこういう大きなお金の動く仕事は荷が重いですね。
別に手を抜いている訳ではないのですが、スムーズにいきません。
何時まで経っても複雑な仕事には自信が持てないままです。
復職して1年半になりますが、その点はあまり変わっていないですね。
本当は今日は残業しようかと思いました。
でも、アスペルガーの1件があります。
次の受診日は10日以上先です。
そんなに長い間、宙ぶらりんでいるのは耐えられません。
18時までに精神科へ駆けつけました。
やはり月曜日はすいていますね。
すぐに診察室へ呼ばれました。
ブログをやっていること、アスペルガーの疑いがあるとメールを貰ったことを話します。
メールのコピーも見せたのですが先生は斜め読みするだけでした。
代わりに私のカルテを見せてくれました。
去年の5月26日、初診の時の分です。
そこには「高機能アスペルガーによるうつ状態の疑い」と書かれていました。
私は高機能アスペルガーだと先生は初診の時から見抜いていたのです。
前の医院の「うつ病」というのは誤診だとはっきり言われました。
前の先生はぺら1枚の問診票を見ただけで「これはうつ病に間違いない」と決めつけたのです。
アスペルガーには薬はありません。
これといった治療法もないようです。
「自然体でいることですな」と言われました。
またよく今まで生き延びてきたと感心もされました。
アスペルガーからいろんな精神疾患が発生するそうです。
私のようにうつ病になったり、他の精神疾患だったり。
私は一生アスペルガーのままなんですね。
そう考えていると心が暗くなる一方なので、アスペルガーの有名人を調べてみました。
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ガリレオ・ガリレイ、ベートーヴェン、織田信長、アインシュタイン、ゴッホ。
そうそうたるメンバーです。
私は一介のアスペルガー患者として生を終えるでしょうが、多少の慰めにはなります。
死ぬまで元気になることはないのでしょうか。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2012/03/19(月) 21:23:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<東京オリンピック | ホーム | 生活は変わらない>>

コメント

なにをおしゃいますやら

 私はずっとオモダカさんのブログを読ませていただいていてますが、
オモダカさんはちゃんと気遣いができて、文章にも趣があって素敵な方だと思いますよ。

前にイタリアの精神疾患の患者を描いた映画を見ました。
バザリア法という法律があって
イタリアには精神病棟がないそうです。
「みんなどこかおかしい」って考えだそうです。

人は皆、長所と短所があります。
確かにみんなおかしいんですよ。
お互い様なんですね。

アインシュタイン博士の話は聞いたことがあります。
でも博士も音楽を愛し、心のある方でした。
最期まで原爆のことを気にかけていて、湯川秀樹博士に詫びたといいます。

だからオモダカさんも悩まず、今のままでいいと思いますよ。

若輩ものが、長文、失礼いたしました。
  1. 2012/03/20(火) 01:02:57 |
  2. URL |
  3. すもも #-
  4. [ 編集 ]

そうですか。
今の先生は、既にアスペルガーだと診断していたんですね。
アスペルガーにも色々とあるようですが、高機能アスペルガーというのは初めて聞きました。

でも私もすももさんと同じく、ブログから見えてくるオモダカさんは、時々落ち込んだり体調不良の時もあるけど、仕事も一生懸命出来ている「頑張っている人」です。
病名にとらわれず、今まで通りのオモダカさんでいいと思います。
  1. 2012/03/20(火) 04:44:29 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます

私も高機能アスペルガーって初めて聞きました。治療法がないのですか?でも今はオモダカさんは普通に生活出来ているし、なにより働いているし、困る事もないと思います。
みんな応援しているので、これからもマイペースでやっていけばいいですよ!
  1. 2012/03/20(火) 05:53:34 |
  2. URL |
  3. 朱雀 #-
  4. [ 編集 ]

そんな事はないですよ

こんにちは。
アスペルガー症候群だからといって、“死ぬまで元気になることはない”ということはないと思いますよ。オモダカさんのうつ状態が改善すれば、アスペルガーだろうが何だろうが、人生を謳歌できると思いますよ。

レオナルド・ダ・ヴィンチ、ガリレオ・ガリレイ、ベートーヴェン、アインシュタイン、ゴッホ・・・素晴らしいじゃないですか。天才だということですよ!
  1. 2012/03/20(火) 10:05:14 |
  2. URL |
  3. 円頓房 #h0j/NQls
  4. [ 編集 ]

すもも様

イタリアには精神病棟がないんですか。「みんなどこかおかしい」って考えなんですね。いかにもイタリアらしい考え方かもしれません。第二次世界大戦中、イタリアもヒトラーの真似をしてユダヤ人を捕まえました。でも、捕まえたユダヤ人はいつの間にかどこかに逃げて行ってるんですね。イタリアはそういう国らしいです。お互い様ですか。そうですね、みんないろんな違った特性を持っていてそれで補いあいながら暮らしているんですね。アインシュタイン博士は自分の理論が原爆につながったことをずっと悔やんでいたそうです。相対性理論は数式ではなく頭の中にイメージが自然と浮かんできたんだと言います。天才はみなそうらしいです。私は無論天才ではありませんが博士の話を聞くと心がなごみます。私は今のままでいいですか。そう言っていただけると嬉しいです。もう56歳ですから自分を変えるなんてことはとてもできそうにありませんが。
  1. 2012/03/20(火) 14:07:38 |
  2. URL |
  3. オモダカ #Tb/w00Xg
  4. [ 編集 ]

non様

高機能アスペルガーの人は研究者になるとその才能を発揮するそうです。人との交渉ごとは苦手なんですね。そういう仕事に就くと発病してしまう。今の先生の患者さんにもそういう人がいるそうです。私は「頑張っている人」に見えるんでしょうか。そう言っていただけると嬉しいです。ただそのがんばりも「うつ病の割には」という形容詞がついていると思います。世間の目は厳しいような気がしてなりません。そうですね、病名にとらわれても現実が変わるわけではありませんよね。なんとか気を強く持って今までどおり過ごせたらと思います。
  1. 2012/03/20(火) 14:19:56 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

朱雀さん

高機能アスペルガーは知能指数は高いんですね。ただその知能を一つのことに執着して使います。鉄道オタクには多いと先生は言っていました。薬はありません。治療法もないようです。子供の時に発症するといじめられっ子になったり、社会性が養われなかったり、いろいろ問題が出てきます。
幸い、私は50過ぎまで発症せずにすんだので、そういう問題はありませんでした。
応援本当にありがとうございます。みなさんの応援がなにより力になります。
おっしゃるとおりマイ・ペースでやっていこうと思います。他に道はないんですから。
  1. 2012/03/20(火) 14:30:54 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

円頓房様

こんにちは。
お便りありがとうございます。アスペルガーには薬も治療法もないと聞いて「死ぬまで元気になることはない」と思ってしまいました。でも、円頓房さんのおっしゃるとおりですね。うつが絶対治らないと決まった訳ではありませんね。高機能アスペルガーでも人生を謳歌している人は過去にもいっぱいいたようです。無論私はレオナルド・ダ・ヴィンチやガリレオ・ガリレイのように天才ではありませんが、人間がなぜ戦争を起こすのかということに強い執着があります。自分なりに精いっぱい生きてみようと思います。
  1. 2012/03/20(火) 14:44:35 |
  2. URL |
  3. オモダカ #-
  4. [ 編集 ]

アスペルガー症候群については詳しくないけど

そう深刻に考えないで良いと思いますよ。
現にオモダカさんは今普通にストレスを感じながらも社会生活を送ることが出来ています。
変に意識する必要も無いのではないでしょうか。
私はアスペルガーではありませんが、一生寛解することもなく暮らしていくものだと思っています。
生まれついた性格に家庭環境にも大きく影響されますからね。
まあ天才の資質について第3者からお墨付きをいただいたと言うことでは無いでしょうか。
  1. 2012/03/20(火) 23:58:01 |
  2. URL |
  3. こおろぎ #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://panzershimizukengo.blog99.fc2.com/tb.php/984-06b8a4c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。